京都の鈴虫寺のお守りは願い方で効果が違う?正しいお願いの方法は?

この記事は5分で読めます

 

京都にある鈴虫寺。願いが叶うと絶大な人気をはくしているお寺です。しかし、願いが叶ったという人もいれば、願いが叶わなかったという人もいました。

この違いには、正しい願い方でやっている人とやってない人がいるのが大きな原因ではないでしょうか。

 

 
スポンサードリンク


 

せっかくのお願いごとですからね。効果が大きいほうが良いに決まっています。正しい願い方をするには一体、どうしたらいいのか。

それではさっそく、見ていきましょう。

 

京都の鈴虫寺のお地蔵さま

 

 

under-the-eaves-673327_640


まずは、あなたの願いを叶えてくれる、鈴虫寺のお地蔵さまのことを知らなければいけません。自分のことを知らない人の願いは叶えてくれませんからね。

あなたの願いを叶えてくれるのは

 

幸福地蔵さん」

 

というお地蔵さまです。

実際に鈴虫寺に行かれた方は、知っていると思いますが、行かれた事がない方のためにちょっと説明すると。

この幸福地蔵さんは、わらじを履いています。

 

何でわらじを履いてるの?

 

昔話で、かさをもらったお地蔵さまは知ってますけど、わらじは聞いたことが無いですよね。

鈴虫寺のお地蔵さまがわらじを履いているのは、あなたの願いを叶えてくれるために歩いてきてくれるからなんだそう。

 

それで!ここからがお地蔵さまが、もっとすごいところなのです!

自分のところに来てくれるだけでも、びっくりなんですが、お地蔵さまは願いを叶えるために助けてくれるだけではなく、地獄へ落ちてしまった人も助けてくれるんだそうですよ。

 

地獄といえば、こんな話がありますよ!

以前に、蜘蛛の糸の続編という話を読んだんです。あの、天から蜘蛛の糸が降りてきて~って話です。

糸を登っていたら、途中で糸が切れて、また地獄へ落ちてしまうというところで終わりますよね。でも続編では、仏様はカンダタたちがかわいそうに思い、丈夫な糸を垂らして主人公のカンダタは天国へ行くことになります。

いざ、天国へ到着したカンダタですが、その光景に愕然とします。そこにあったのはたくさん岩と書物だけ。カンダタが思っていた天国とは全然違った訳ですね。

おいしい食べ物がいっぱいあったり、楽しいことがいっぱい待ってたり、それを天国だと思い込んでいたんですね。カンダタは。

でも、カンダタは薬師如来に頭の中を治してもらうんです。

するとどうでしょう。

今までおなかが空いたー!って事が幻想だったと分かり、仏様の書物や、仏様と一緒に過ごせる時間がお金よりも、とんでもなく大切なんだ!ということに気がついたのです。

というお話でした。

きっと、幸福地蔵さまも糸を垂らした仏様のように、みんなにチャンスをくれる方なんだと思います。

 

ものすごい困ったときって、ものすごい神様にお願いしたくなりますよね。

でも、ものすごい神様はきっとレベルもすっごいことになっていると思うんですよ。

カンダタの天国レベルがLV1なのに、いきなりLV100の神様の言ってることが、理解できるかと言われたら分かんないです。

ゲーム始めたばかりの人と、ずっとやってる人では使う言葉もやり方も違いますよね。

 

すっごい神様にお願いするなら、それなりに自分のレベルもあげなきゃいけないと思うんですよ。

 

 

pagoda-262729_640

 

 

私も、今まですっごい神様にお願いして、叶わなかったことが何度もありました。きっと、カンダタのようにすっごい神様の助けに気がつけなかったんでしょうね。

そもそも、お願いの仕方も間違っていたのかもしれませんが^^;

その点では、鈴虫寺はとても親切なんです。お地蔵さんへ願い事をする前に、和尚さんがきちんとお願いの仕方を教えてくれるんです。

お願いする時には、大切なルールも教えてもらえるんです!

いろんなルールを教えてくれるので、カンダタの最後の境地に一気に近づけます。きちんと守ることで、願い事のかなう効果が全然違ってきます。

 

それでは、さっそく鈴虫寺のルールを見ていきましょう。

 

鈴虫寺のお守りと願い方のルールは?

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

鈴虫寺のお守りはどんなものなのかというと。

お守りやお札は仏様の化身です。

鈴虫寺のお守り・お札は幸福地蔵様の化身、お地蔵様のお姿が入っておられます。お守りは持っておられる方を守ってくださるもの、だから、常にお傍に身につけてください。http://www.suzutera.or.jp/introduction/omamori.htmlより引用

 

お守りってただ持ってるだけじゃ、効果が無いんです。

 

仏様が入ってるんだーーー!

 

っていう気持ちを持ってないと、願い事は叶わないんですね。効果半減です。

 

お守りを購入して「幸福地蔵さん」の前に行ったら

・お守りには「幸福御守」と書かれているので「幸」の文字が見えるように両手で挟む

・自分の名前と住所を幸福地蔵さんに伝える

・願い事をする

・他人には願い事を言ってはいけない

・願い事は毎日、お地蔵さんの方向を向いて唱える

このようなルールがあるのでしっかりと守りましょう。

 

ここで注目したいのが願い事の内容です。

鈴虫寺のHPにはこんな記載があります。

幸福地蔵菩薩様にどんな願いをなさるかは、皆様それぞれかと思います。しかし、ご自身だけではなく、皆様が幸せになるお願いをなさってください。それがお地蔵様の願いなのだと思います。欲張らず、今どうしても叶えて頂きたいお願いを一つだけお願いなさってください。きっとお地蔵様が皆様のところまで願いを叶えに行ってくださることでしょう。http://www.suzutera.or.jp/introduction/jizou.htmlより引用

 

鈴虫寺の幸福地蔵さまは、自分の欲ばかりのお願いは聞いてくれないんですね。

たとえば、

彼と復縁したい!とお願いしますよね。

この時点で、彼に新しい彼女がいたらどうでしょう。彼と新しい彼女に別れて欲しいとお願いしちゃいますよね。

新しい彼女が、そこまで彼のことを好きではなかったら、別れさせてくれるかもしれません。

でも、新しい彼女がものすごい、彼をすきだったらどうなるでしょう。新しい彼女は不幸になってしまうかもしれません。

また、彼も新しい彼女がすごい好きだったら、彼もまた不幸になってしまうかもしれません。

この時点で、みんなが幸せになるお願いでは無くなりますよね。

 

そして、今、どうしても叶えたい願いを一つだけ叶えてくれるということですよね。

 

どうしても、今じゃなきゃダメなんだー!

 

という、お願いじゃないと叶えてくれないってことになります。このどうしてもって所に叶うか叶わないかの境目があると思うんです。

ただ「お金持ちになりたい」って願っても、なぜ今なのか?明確にしないと叶わないし、何のためなのか?も分からないと絶対に叶わないお願いになってしまいます。

しかも、どうしても叶えたい願いなら、おそらくそのお願いが成就するように、自分で何かやっているはずです。

告白をしたい人だったら、彼に何かアプローチをしたり、試験に受かりたかったら、傾向や対策を考えたり。

何かしらのアクションを起こしている人のところへ、お地蔵さんは来て、自分の努力の方向が合っていればそのまま応援してくれるんだろうし、間違っていれば修正してくれる。

 

そんなお地蔵さまなんだと思います。

だから、なんのアクションも起こさずに、お願いしている人の所へはまだ、お地蔵さんは行かないはずです。

それは「どうしても叶えたい願い」ではないっとお地蔵さんは判断して、現れないのではないんでしょうか。

 

まとめると

 

 

idea-935587_1280

 

 

 

京都の鈴虫寺のお願いの効果を最大限にするには

・お守りは、幸福地蔵さまの化身だと信じなければいけない

・お守りには「幸福御守」と書かれているので「幸」の文字が見えるように両手で挟む

・自分の名前と住所を幸福地蔵さんに伝える

・願い事をする

・他人には願い事を言ってはいけない

・願い事の内容は、みんなが幸せになるお願いにする

・今、どうしても叶えたい願いをした時にだけ、お地蔵さまはやってくる

・叶えたい願いに、何かしらのアクションを起こさないといけない

以上、まとめでした。

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。