映画メアリと魔女の花は子供向け?幼稚園児も最後まで見れる内容なの?

   

 

メアリと魔女の花!

米林宏昌監督がスタジオジブリ退社してから初めて作った長編アニメーション映画ですよね。

 

ジブリっぽいのは、過去にジブリに努めていた人たちが集まって作った作品だからってことなんですが。

予告を見たんですけど、まぁ面白そう!

ジェットコースターみたいなドキドキ感。何やら動物も出てくるし、楽しそう。

 

で!これは見たい!と思ったわけです。

しかし、ちょっと怖そうな雰囲気もありますよね。

というのも、私が映画に行く場合は、幼稚園に通っている子供も一緒に映画に行かなくてはいけないんですよ。

 

予告を見た限りだと、トトロよりは怖そうだけど、もののけ姫とナウシカよりは怖く無さそう。という印象。

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

そこで今回は、原作のネタバレと映画を見られた方の感想を調査!幼稚園児でも最後まで見られるのかどうか!というところを調べていきます。

 

映画「メアリと魔女の花」は子供向けなのか?

 

 

みなさんの感想や、大体の原作を見て。

 

メアリと魔女の花は

子供向けだと思いました。

 

しかし、メアリと魔女の花は子供だけではなく、大人も「おもしろかった」という意見がとても多かったです。

 

メアリと魔女の花の監督は、

あらゆる世代の心を揺さぶる、全く新しい魔女映画が誕生する。

http://www.maryflower.jp/about/story.htmlより引用

 

と言っています。

この言葉通り、子供から大人までみんなが楽しめる映画になっているようです。

 

 

ただ、大人の方の中には「物足りなかった」という意見もありました。

映像美や迫力に関しては申し分ないというコメントが多いのに対して、

「ストーリー」の先が読めてしまうのが残念…とのことでした。

 

おそらくターゲットは小学生。

ジブリにどっぷりハマっている世代の大人には、物足りないのではなかと思います。

 

 

でも、逆に言うと!

ストーリーが分かりやすいってことなので、

子供も飽きずに最後まで見られる映画ってことになりますよね。

 

魔法や魔法学校って子供の頃は誰もが一度は憧れる世界です。

普通の女の子が、ある日突然魔女に!

という展開が、自分を重ね合わせて映画に入り込める一番の条件だと思うんですよね。

自分がまるで主人公になったように!

 

なので、

メアリと魔女の花は子供にピッタリの映画だと思いました。

 

思いましたが!

これって、小学生くらいにならないと、自分を主人公に重ねるって難しいですよね。

いくらストーリーが分かりやすいって言っても、幼稚園児となると、どうなんだろう?

 

 

メアリと魔女の花は幼稚園児でも最後まで見られる?

 

 

「子供が途中で泣いたらどうしよう…」

せっかくお金を払って映画を見るなら、最後まで見せてあげたいし、

 

これだけの話題作!

お母さんだってお父さんだって、最後まで見たいですよね。

 

 

映画を見た方の感想を読ませていただいて、

うちの子は見れそうかな!

っと思いました。

 

でも、迫力があるものや、大きな音が怖い子は難しいかなっとも思いました。

 

 

というのも、こんな感想を発見したんです。

 

子供向けにしては迫力がある故に怖いかも…?実際泣いて退出した子供ちゃんも何人かいました。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%A8%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E8%8A%B1/359126/review/%E6%99%AE%E9%80%9A/275/より引用

 

 

特に、魔法学校の校長先生の迫力はすごいようで。

昔、映画館で千と千尋の神隠しを見た時のことを思い出しました!

そう、湯婆婆が出てきた時。

当時、私に子供は居ませんでしたが、お子さんが何人か泣き出しちゃったんですよね。

 

校長先生は、おそらく湯婆婆レベルの怖さを持っているものと思われます!

 

 

うちの子、千と千尋の神隠しは楽しそうに見てるんですよね。

湯婆婆が千尋に

「おまえも元の世界には戻れないよ。

子豚にしてやろう。ぇえ?石炭、という手もあるね。」

っていうあのおっかない場面でも、画面から目を離さなかったこと。

 

 

そして、実写の妖怪ウォッチの映画を見た時に、

クジラマンなるボス的なキャラクターが出てきたんですが。

 

実写とアニメが交互になっていたので、最後の方に出てきたクジラマンはかなりリアルでした。

女の子が悪霊に取り憑かれた的になった時も、結構な迫力でした。

しかし、映画を見終わってから子供が「楽しかった~」っと言っていたこと。

 

 

この2つからうちの子は大丈夫かな!っと思ったんですよね。

 

 

でも、これだけでは判断材料にはちょっと足りないですよね。

上の子は見たいのに、下の子が泣きそうだから辞めようかな…。

何より、

お母さんやお父さんだって見たい方は、たくさんいますよね!

私もそうです

 

そんな時は、事前に予習をすれば大丈夫かもしれません!

過去に下の子にやってみた方法をご紹介していきます。

 

 

小さい子には予習をさせよ!

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

これから紹介するのは、下の子が3歳の時に、はじめて映画を見に行く時にやってみたことです。

 

まずは、映画館がどんなところなのかを教えました。

  • 暗くなる
  • 大きな音がなる
  • 静かにしなくちゃいけない

など、映画館の雰囲気を伝えてあげます。

 

そして、映画のストーリーを一緒に読んだり、予告の動画を見たりするといいですよ。

これで、どんな内容なのかが分かるし、大体の展開も教えておくと、映画を見ている時も驚くこともなくなります。

 

さらに、映画中は抱っこしたり、手を繋いであげるととても安心するので、おすすめです。

 

これだけで、うちの子は落ち着いて映画を見ることが出来て、その後も映画を見に行く時にはやっているのですが、泣いたことはありません。

 

 

では

メアリと魔女の花」を見に行くときは、どうすればいいか?

これから、予習をすることを書いていきたいと思います。

 

映画がはじめての子は、映画館がどんなところなのかを、最初に教えてあげてくださいね!

映画館の入り口まで、一回行ってみるのも雰囲気が分かるのでいいですよ!

 

では、最初にどんなストーリーなのかをお話ししていきます!

 

 

 

まずはあらすじから!

 

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜行飛行》を見つける。

それはかつて、魔女の国から盗み出されていた 禁断の“魔女の花”だった。

一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

 

魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。

メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の真髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力をうしなってしまう-。

しだいに明らかになる“魔女の花”の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。

魔法渦巻く世界で、ひとり無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。

メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、全く新しい魔女映画が誕生する。

http://www.maryflower.jp/about/story.htmlより引用

 

このまま読んでも、お子さんは意味不明な部分があると思うので^^;

お子さんが分かりやすいようにアレンジしてみて下さい。

 

メアリはね。魔女の花っていうお花を見つけて、一日だけ魔女になれることになったの。

でもね。その魔女の花って誰かが盗んだもので、怖い魔女が狙ってるんだって!

それを知らないメアリは、魔法の世界に行っちゃうんだけど…

 

みたいな感じで、簡単にしてあげると分かりやすいですよ。

 

予告動画も一緒に見てみて下さい。


動画を見ている時のお子さんの様子を見ていると、どんなところが興味があって、どんなところが怖いのかが分かると思います。

どうしても怖そうなら、ムリに進めると逆効果になるので、時間を置いて違う動画を見せるといいかもしれないです!

動画を見て、楽しそうだったり、興味を持っているかが判断材料になります!

 

 

話の内容について!


 

 

 

※ここからはネタバレになるので、映画館で楽しみたい方はご遠慮願います

 

 

 

魔法学校の校長がやっているのは、人体実験的なもので。

全ての魔法を使える生徒を作り出すのが目的です。

 

でも、いくら魔法の世界だからって、不可能に近い状態…。

全然、成功しないんです。この実験。

失敗した動物たちもたくさん捉えられています。

 

で、一旦は諦めます。

 

しかし、メアリが魔法の花を持ってきたことで。

そして、メアリが魔法の花をピーターという少年からもらったと嘘をついてしまったことで。

校長はピーターなら、完璧な魔法使いになれるかも!と考えてしまい、再び恐ろしい実験をはじめてしまうのです。

 

 

そして、ピーターは実験台にされてしまい、実験は失敗。

メアリもピーターを助けようと必死です。

しかし、ピーターは暴走し、誰も手が出せない状態になってしまいます。

 

 

最後は「魔法の真髄」という本を使ってピーターは元通りに。

そして、メアリと一緒に無事に元の世界に帰ることが出来ましたとさ!

という最後はハッピーエンドの内容になっています。

 

 

校長がかなりの迫力の映画なので、ピーターを捕まえたり、実験をしたり、メアリを邪魔したり。

見に行った方の感想を見ると、ここがかなりアクション要素が強く、子供が怖いと感じる部分になっているようです。

 

 

逆に、途中で実験台にされてしまった動物たちが助けに来てくれたり

魔法という部分は、冒険ファンタジーな要素が強いので、

魔法や動物が好きなお子さんなら、ここをオススメしてあげると怖さが無くなるかと思います。

 

 

それと、ジブリ出身者の作品だけあって、映像美や音楽は絶賛されています。

子供に美しい物を大きな画面で見せてあげるのは、とてもいい影響を与えられるので、怖さと美しい物を天秤にかけてみてお子さんがどちらに興味を持つのかも判断材料になるかと思います。

 

後は、小さい子は動画から得られる情報は多いので、ちょっとでも予告動画で興味を持ったことは楽しくお話してあげると、また違った印象でメアリと魔女の花を感じられるはずです!

 

以上が、メアリと魔女の花の内容になります。

 

お子様それぞれ、個性があるので、この方法はほんの一例になります。

どんどんアレンジを加えて、自分のお子さんに合った方法で予習をしてみて、

それでもダメとお母さんやお父さんが判断したら、潔く諦める

少しでも興味を持ったら「映画を見に行こうか?」と進める。

のがいいと思います。

 

 

最後に

 

 

今回は、映画「メアリと魔女の花」は子供向けなのか?そして、幼稚園児でも最後まで見ることができるのか?について見てきました。

 

メアリと魔女の花のいろんな方の感想やネタバレを見ていると、ターゲットは小学生だと私は思いました。

全ての世代に響く人はいると思いますが、主人公と同じ世代の子には入り込みやすい作品になっているようです。

 

大人の方も「楽しかった」という方はたくさんいました。

しかし、ジブリにどっぷりハマっている世代は少し物足りなさを感じるとのことでした。

 

幼稚園児に関しては、最後まで見られるかどうかはお子さんによって、分かれるところだと思います。

迫力がすごいとの意見もあったので、怖いと感じるお子さんもいるようです。

 

もし、うちの子は大丈夫かな?と不安があるようなら、動画を見たり、あらすじやどんな話なのかをお子さんに教えてあげる「予習」をしてみるといいですよ!

その様子を見て、見に行くか行かないか。お母さんやお父さんが判断するといいと思います。

 

 

今回、メアリと魔女の花の色んな感想を見てみて思ったんですが。

 

ジブリの主人公の女の子って、一生懸命がんばる姿が多いですよね。

パクリだと話題になっている「魔女の宅急便のキキ」、「千と千尋の神隠しの千尋」、「トトロのサツキ」

ある日、突然訪れた危機を何とか解決しようと知恵を絞って、たくさんの人の助けを借りて。

最後には問題を解決して、大きく成長をする。

ここが、とても惹きつけられるストーリーになっているのに対して。

 

メアリと魔女の花は、嘘をついたことから、どんどん事態が悪化していってしまうという展開。

 

ここが、あらすじにもあった

新しい魔女映画

の部分だと思うし、今の子供たちには共感できる部分なんだろうな。っと感じました。

 

新しいものって、出る杭は打たれるじゃないですけど、最初からみんながみんな受け入れられるわけじゃないですよね?

何度も試して、色んな方法を使って、みんなに定着していく感じ

だから批判の意見が出るのも当然だと思うんです。

 

あ!なんでこんな話をしているのかというと!

もし映画を見に行くなら最高に楽しんでほしいからです。

 

今回、子供向けの内容だとか、怖いとか、あまりいい印象ではない意見を書いてきました。

しかし、これはあくまでも私が見つけた子供に関する意見をまとめたものです。

最初にこんな意見ばかりを頭に入れてしまうと、出る杭は打たれるの方が強くなってしまって、せっかくの映画が楽しめないので^^;

 

お子さんと一緒に予習をする時は、お母さんもお父さんも真っさらな気持ちでやってみて下さい。

そして、家族みんなで楽しみながらやる!

これが、

映画を最高に楽しむための方法です!

 

お母さんやお父さんが楽しそうだと、子供も楽しいんです。

ぜひ、みんなで楽しみながらやってみて下さいね。

 

ではでは、今日はこの辺で!

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 


 - メアリと魔女の花, 子育て

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。