メアリと魔女の花ラストの結末をネタバレ!魔女の宅急便との違いは?

この記事は9分で読めます

米林宏昌監督の映画「メアリと魔女の花」が2017年の夏に公開されることが決定!

11歳の女の子・メアリは今の生活が退屈で仕方がなかった。そんなメアリは、ある日、突然!魔法が使えるように!しかし、メアリは何者かに追われて…。

一体、メアリはどうなってしまうのか?

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

今回は、原作のラストの結末をネタバレのお話をしていきますね。

それと。ジブリ-魔女といえば、魔女の宅急便ですよね。主人公が幼い女の子。魔女。と最初から共通点がいっぱいのメアリと魔法の花ですが、魔女の宅急便とはどんな違いがある作品になるんでしょう。

こちらも合わせてお話していきます。

 

メアリと魔法の花のラストの結末は?

 

 

 

 

 

最初にあらすじを紹介しますね。

 

 夏休みの間じゅう、大おばさまの古い屋敷に預けられることになってしまったメアリーという女の子。つまらない生活にふさいでいたメアリーですが、ある日、近くの森を歩いているとティブという真っ黒な子猫に出会いました。ティブに連れられて歩いていった、森の奥でむらさき色の不思議な花を見つけた少女はそれが7年に一度しか咲かない魔法の花「夜間飛行」であることを知らされます。庭にある古いほうきに、夜間飛行の花粉がつくと小さなほうきは空を飛んで少女を魔法大学へと運びました。http://plaza.harmonix.ne.jp/~usausa/usa40shi/bok/usa41010.htmlより引用

 

おーーー!

メアリが突然、魔法の世界に迷い込んだ理由が分かりましたね!

7年に一度しか咲かない「夜間飛行」っていう不思議な花が、メアリと魔法の世界をつないだわけですね。何か、しょっぱなからワクワクな要素がすごいですね( ´∀`)

 

 

さて、この後。メアリはどうなってしまうのか?原作が読みたい!と思って探しましたが、ネットショップは残念な事に「売り切れ」の文字のオンパレード!

続きが気になる!冒険はじまったばっかりじゃん!

 

 

この後、メアリどうなっちゃうのよ?

 

 

ということで、グーグル先生の力をお借りして英語の原作を翻訳し、小さな魔法のほうきとして発売された日本語版の内容を書いている記事たちを総まとめして、ラストの結末をネタバレしていきます!

 

 

※今回の監督は思い出のマーニーの米林宏昌さんです。思い出のマーニーの時もそうだったんですが、映画では原作と違う箇所も出てきます。なので、映画を見る前のウォーミングアップだと思って聞いてくださいね。

 

 

 

メアリと魔女の花をパパッとネタバレ!

 

 

 

 

 

まずは、パパっとネタバレ読みたいんだけど!というアナタ向けに、超簡潔にラストの結末をどうなったのかお話していきます。

 

魔法学校に行ったメアリは、一緒に連れて行った黒猫のティブを動物実験の道具として奪われてしまいます。

しかし、メリアは魔法を解く呪文を手に入れて、ティブを連れ出すことに成功。

 

ティブと一緒に逃げるメアリですが、ピーターという男の子に出会い、ピーターも自分の飼い猫を探していると分かります。

 

無事にピーターの猫も見つけてみんなで逃げ出しますが、教授と校長はどこまでも2人を追いかけてきます。

 

捕まってしまう!そう思ったその時、メアリが助けてあげた動物たちがメアリを助けにきてくれたのです。

 

こうして無事にメアリとピーター、2匹の猫は元の世界にもどることができましたとさ!

おしまい。

 

こんな結末を迎えます。さて、もう少し詳しく知りたいんだけど~。というアナタのために、次はこれでもか!というほどにネタバレしていきますね!

 

 

ラストの結末まで詳しく紹介!

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

メアリが黒猫のティブと一緒にほうきに乗ったメアリがたどり着いたのは、魔法の学校。

 

メアリは魔法学校の入学志望の生徒だと間違えられてしまいます。が、校長先生はとても喜んでメアリを魔法学校に入学することを許可するんです。

 

 

どこの誰だか分からないのに?ハリーポッターは魔法学校に行くぞ!って決めて魔法学校に入りましたが、メアリはたまたまたどり着いたんですよね。超心の広い魔法学校ですね。

 

 

さて、新しい魔法という不思議な世界に胸をおどらせるメアリですが、この魔法学校に隠された秘密を知ってしまいます。その秘密とは…。

この魔法学校には、檻に閉じ込めらた奇妙な動物たちがたくさんいたんです。この魔法学校では、なんと!

 

 

動物実験が行われていたのです!

 

 

コワイ(;_;)ぜんぜんファンタジーじゃない。もう完全にホラー。マホウコワイ…。

メアリはティブを連れていたから、魔法学校に歓迎されて入学できたって裏設定もあるようです。コワイ。

 

 

それを見つけてしまったメアリは、すぐに帰ろうと決めます。しかし、メアリが連れてきた黒猫のティブも、実験動物として連れ去られてしまうのです。

実はティブ。校長に透明にされる魔法をかけられてしまい、現在、見えない状態に…。

 

 

メアリはティブと一緒に帰ったつもりだったんですが、見えなくなってしまってメアリは気が付かなかったんですね。んー。しょうがない!ティブは透明なんだもの

 

 

でも、メアリ!帰る途中で

「ティブがいない!」

と気が付きます!

 

 

良かった、メアリ!気がついてくれてありがとう( ´∀`)

 

 

 

ティブが捕まっているなら、きっと動物たちの所だ!と、メアリはティブが捕まっているであろう檻の部屋へ。しかし、ティブは透明で見えません。

 

 

さぁて、困ったことになった~。BYヒィ様(もののけ姫より)

ティブをどうやって助けるのさ!他にも透明にされてる動物もいるかもしれないし。そもそも透明だから見えないー!

 

 

 

さて、実はメアリ!ここでとっておきの解決法を見つけ出します!メアリは校長に魔法学校を紹介されていた時に、こっそり「呪文の真髄」という本を手に入れていたんです。

 

その本の中に、メアリは呪いを解く呪文を発見。無事にティブを元の姿に戻し、ティブと一緒に捕まっていた動物たちも一緒に助け出す事に成功。

 

 

さぁ、急いで逃げまっしょい

 

 

 

このまま無事に帰れるか!と思った時、「あれ?」っと、ほうきが別の場所に向かっている事に気が付きます。なんと、メアリが逃げるのに使ったほうきは魔法学校の教授のほうき。

 

 

ほうきは持ち主がいつも乗っているルートしか、飛ばないんですかね。

 

 

 

メアリとティブは、なんと逃げているはずなのに、捕まえにくる教授の家に着いてしまうのです。

 

 

あー、完全にミスった。敵の屋敷に飛び込んでしまうとは。マズイマズイぞメアリ

教授と校長は、メアリとティブを血眼になって探しているのに…。

 

 

 

メアリは無事に?無事ではないですね(-_-;)教授の家に到着。

 

メアリは教授の家で、ピーターという男の子に出会います。話を聞くと、ピーターも自分の飼い猫を探しているのだとか。探している猫の名前はギブ。

 

 

ギブ?

 

 

どこかで似たような名前を聞きましたよね?そう、ピーターが探している猫は、ティブのお兄ちゃん猫だったんです!

 

 

魔法学校に行くきっかけを作ったはティブです。お兄ちゃんを助けるために、メアリに助けを求めたんですね。おー、兄弟愛♪

 

 

 

メアリとピーターは、ギブを無事に見つけ出し、教授の家から逃げる事に。しかし、教授と校長はメアリを捕まえようと、もうそこまで来ています。

 

教授と校長って。魔法レベルどんだけだよ。強いの分かりきってるじゃん!

 

 

 

メアリはついに、教授と校長に捕まってしまうのか!追手はすぐそこまで来ています。「捕まるー。」と思ったその時、メアリは助けられるんです。

 

だれに?

 

メアリを助けたのは、ティブが捕まっていた檻に一緒に捕まっていた動物たち!

 

あー、動物さんたちが助けに来てくれたのか。なんか、この辺が超ジブリっぽい

 

 

 

メアリとピーター。ティブとギブ。みんな無事に元の世界に戻る事が出来ました。

 

そして、一人さみしく過ごしていたメアリは、ピーターと友達に!さらに、遠くはなれていた父も、メアリの家の近くに引っ越してくるんだとか。

 

 

良かったね~。メアリ!とんでもなくコワイ世界だったかもしれないけど、そこで友達も出来たし、ティブのお兄ちゃんのギブも無事に帰ってきたし!よかった、よかった( ´∀`)

 

めでたし、めでたし!

 

ということで、メアリと魔女の花のラストの結末でした。

 

 

 

米林宏昌監督はジブリ出身。

ジブリ→魔女→魔女の宅急便!

 

この図式はもう、体に染み込んで離れませんよね。

しかし、米林宏昌監督はメアリと魔女の花は

 

「(スタジオジブリの)『魔女の宅急便』は僕らが子供時代に喜んだ作品。それとはまったく違う、新しい魔女の物語をやろう」http://natalie.mu/eiga/news/213392より引用

 

こんな意気込みで作られた作品なんだそう。

内容が違うのはもちろんなんですが、この映画で何を伝えたいのか!というところの違いについて見ていきましょう。

 

魔女の宅急便とメアリと魔女の花の違いは?

 

 

 

 

 

内容についての同じところは、

・小さな女の子がヒロイン

・二人とも魔法を使う

・黒猫がいる

 

じゃー、違うのはどこかというと、

・キキは最初から魔女だけど、メアリは突然、魔女になった

・メアリの魔法は最後に消えてしまう

・キキはトンボに助けられるけど、メアリはピーターを助ける

 

そして、今回の映画「メアリと魔女の花」は

 

『魔女の宅急便』は僕らの子ども時代の記憶。自分たちの子どもたちに向けて、21世紀の『魔女の宅急便』を作りましょうよ! 全く新しい魔女を作りましょうよ!http://eiga.com/news/20161215/21/より引用

 

という思いで作られています。

 

さて、魔女の宅急便で監督が伝えたかったメッセージは一体、なんだったのか。思い出してみると

 

キキは13歳で一人前の魔女になるために旅立ちます。新しい土地で、慣れない環境。不安だらけの毎日ですが、宅急便の仕事も見つけ順調に修行をはじめます。

しかし、途中でキキは魔法が使えなくなってしまいましたよね?そして、ジジの声も聞こえなくなってしまった。

これには、この映画のとっても重要なことがつまっていると思うんですよね。

13歳の女の子。超思春期まっただ中。そんな不安定な状態のキキ。そんな時に出会った、初めて出来た友達のトンボ。

しかし、トンボが他の同世代の友達にキキと一緒にいるところをカラカワれてしまうシーンがありましたよね。後は、おばあちゃんと一所懸命に作ったニシンのパイを、ずぶ濡れになりながら運んだにも関わらず、「わたしキライなのよね。このパイ」

ショックですよね。

自分は働いているのに、同じ年の子たちはみんな遊んでいたり、わがまま言ったり。突然大きな都会に行ったストレスもあったでしょう。

このストレスが溜まって魔法が使えなくなったり、ジジの言葉がわからなくなってしまったんだと考えています。

魔女の宅急便が公開されたのは、1989年だったんですが、1990年にはバブルが崩壊。映画の公開の年には目も向けられないような事件が起きたりと、華やかだった日本は闇に飲み込まれていったような時代です。

さて、そんな中、魔女の宅急便は何を伝えたかったのか?

魔女の宅急便は大人に成長するまでの、挑戦や挫折を映画の中で描いています。

色んな事にチャレンジするのはとっても重要。でも、チャレンジの裏には必ず失敗や挫折はついてくるもの。でも、チャレンジすることを諦めなかった人だけが最後には自分の進む道を見つけることが出来ますよ。

これを伝えたかったんだと思います。

 

じゃあ、魔女の宅急便の未来版ともいえる「メアリと魔女の花」は一体、何を伝えたいのか

メアリは魔法の世界を経験しますが、キキのように魔法使いではありませんよね。そして、危機感がずっと付きまとうような内容です。

2016年は、芸能界のみならず「色んなことに白黒」がついた年でしたよね。また、震災やいじめなどの問題は昨年から引き続き起こっている出来事です。

また、オリンピックではたくさんの人達が素晴らしい成績を残した年でもありました。

上と下はあるけど、真ん中が無い。

完全に出来事が、とてもいい事もマックス、とても悪いこともマックス。2つに別れて中間が無かったような年だったと感じます。

メアリと魔法の花の物語はこのように進んでいます。

メアリの最初は最悪です。老人しかいない村に突然ひとりぼっちで置いてけぼりです。悪いいこと

しかし、魔法という不思議な世界へ飛び込むことに。いい事

魔法学校では動物実験が行われていた。悪いこと

黒猫のティブを助ける事に成功。いい事

逃げようとするが捕まってしまう。悪いこと

動物に助けてもらって助かる。いい事

最後には、友達も出来て、お父さんも帰ってくる。いい事

こうやってみると、ジェットコースターみたいな話。まるで、2016年をそのまま表しているかのようなお話です。

いい事が起こったことに注目してみると、メアリはすべて自分で行動を起こしていい事が起こっています。その後、悪いことが起きてもまた、自分から行動していい事がまた起きて、最後にはとてもいい事が待っていました。

メアリのように、魔法の力があったけど、自分から行動して考えなければ物事は何も変わらない。どんな最悪の状況でも自分から行動することで、ピンチはチャンスに変わるんですよ!

実際には、まだ公開されていないのでどこがポイントになってくるかは分かりませんが、原作ではこのような事が伝えたかったんだと思います。

後は、動物実験のことが出てきます。猫ブームの背景では悲しい現実もありますよね。また、動物だけでなくいじめを苦に…。という若い命が失われるニュースも未だ消えることはありません。

この映画では、命の大切さを改めて教えてくれる映画になるのではないかと思っています。

 

最後に

 

 

 

今回はメアリと魔法の花のラストのネタバレと、魔女の宅急便との違いについて見てきました。

メアリと魔法の花は、魔女の宅急便のような心があたたまるようなファンタジーではありません。どちらかというと、ピンチをチャンスに変える勇気のファンタジーのお話です。

魔女の宅急便よりは、ハリーポッターに近いお話だと思います。

いいことも悪いことも両極端だった2016年。この映画が公開になるのは2017年の夏。新しいスタートを切って挑戦した人には挫折を味わっている人もいるかもしれません。

もし、自分が挫折中にメアリの映画を見たら、きっと頑張ろうとか、まだ、始まったばっかりじゃん!ちゃんと続けて行かなきゃ。って考えることが出来ると思うんですよ。

私も、今は毎日ゆかいに過ごしていますが、来年の夏にはどうなっているのかなんて分かりません。

もしかしたら、今よりいろんな事にチャレンジしているかもしれないし、挫折の真っ只中にいるかもしれません。しかし、どちらにしろ、メアリには勇気をもらえますよね。

ただ、自分から行動を起こそうとしている人には、心に響く映画かもしれませんが、何もしていない人にはあまり心に響かないかもしれません。

来年の夏までに、何か1つでも自分から行動して何かを変えてみると、メアリと魔女の花の映画がとても楽しく見れると思いますよ。

アナタも小さなことでもいいんです。今、出来ることでいいんです。ちょっとした行動をすることで、劇的に未来が変わるかもしれません。

メアリだって、最初に森に行かなければずっとつまらない生活を送ってんですから…。

ぜひ、自分から行動をしてみて、何かを変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。