怪盗山猫 ドラマ塚地の最後の言葉【ゆうきてんめい】って誰?

この記事は4分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

 

3/10追記あり。

予想記事が外れましたので、追記でゆうきてんめいについて記事を書いています。

追記記事はこちら

 

1月16日にスタートしたドラマ【怪盗 山猫】原作とは全く違う展開になっているんで、ドラマオリジナルの設定で楽しめそうなドラマになっています。第1話の放送が終了し、衝撃のラストを迎えました。初回で、これから物語が盛り上がっていく矢先に、仲間だと思っていた塚地さん演じる「細田」が裏切りを働きました。そして、罰が下り細田は帰らぬ人に・・・。そして、細田が山猫に問い詰められ最後に暴露した名前が【ゆうきてんめい】でした。一体、何者なのでしょう。

そこで、今回は

・第1話をざっくりネタバレ

・「ゆうきてんめい」とは誰なのか?

こちらについて見ていきます。

 

第1話をざっくりネタバレ

knowledge-1052010_640

 

怪盗でありながら、悪党の悪事も一緒に暴くヒーロー。まるでルパン三世を思い出させる今回のドラマの主人公・怪盗山猫(役:亀梨和也)

山猫の特集記事を書いていた雑誌記者の勝村英男(役:成宮寛貴)は、ひょんな事から山猫の協力者に。

女子高校生で、いじめられっこ高杉真央(役:広瀬すず)の裏の顔は天才ハッカー【魔王】

そして、山猫の仲間である謎の美女・宝生里佳子(役:大塚寧々)と、ハッキングなどの機器担当・細田(役:塚地武雅)。

この5人を中心に物語りは展開していきます。

※ここからは、ネタバレが含まれます。

 

 

山猫はいつもの様に、悪事を暴こうと振り込め詐欺をやっている団体の会社に潜入。顧客データを盗もうとしたところ、【魔王】のハッキングを受け盗みに失敗。山猫は、ハッカー魔王を追う事になります。

一方、山猫を追う雑誌記者の勝村は山猫の事件を追っています。しかし、以前に【魔王】の正体を突き止めていた勝村は、その事を山猫に突き止められてしまい、強制的に窃盗の仲間にされてしまいます。

 

ハッカーである真央の父親は、データ管理会社の社長。しかし、裏では顧客データを売りさばいる悪徳社長。この事を暴露すると山猫は真央に宣戦布告。しかも、真央の父親は妻の命まで奪っていた事実が発覚。

山猫は、真央の父親の悪事を暴く事に成功。真央の父親は警察に逮捕され、心に深い闇を抱えていた真央は山猫のおかげで闇から解放。山猫の仲間になる事になります。

 

これで、山猫と勝村、真央が仲間になりました。怪盗だけけではない山猫の探偵としての事件も解決。

一件落着と思ったその時!細田の裏切りが発覚細田は、山猫の動きを警察に伝えていたんです。細田に裏切った理由を問い詰める山猫。山猫の手には拳銃が握られています。

細田は「ゆうきてんめい」に金で雇われたと話し、その後、銃声が・・・。細田は命を落としたんですが、山猫が撃ったのか、ほかの何者かに撃たれたのかは不明。

ここで、第1話は終了しました。

 

さて、細田が最後に残した「ゆうきてんめい」という人物。細田の死に大きく関係していると思うんですが、HPを拝見してもそれらしき名前は載っていません。一体、「ゆうきてんめい」って何者なんでしょう。予想していきたいと思います。

 

「ゆうきてんめい」とは誰なのか?

 

 
スポンサードリンク


 

 

第2話のあらすじを見ると、細田は半年前にある芸能事務所の裏の顔を追っていたことがあると山猫は言っています。この芸能事務所の裏の顔とは、タレント志望の若い女性にわざと借金を負わせ、違法な飲食店で働かせるという手口。という事でした。

という事は、この裏側ドロドロの芸能事務所の誰かに細田は命を奪われた可能性が高くなってきますね。

ここで注目したいポイント!

・山猫はこの芸能事務所の内情は知らない。

・本当の狙いは仲間割れ?

この2つがゆうきてんめい繋がる鍵になっていると予想しています。

 

まず「山猫はこの芸能事務所の内情は知らない」点について

山猫が知らない芸能事務所の情報を細田は知ってしまったとします。この情報を手に入れた細田ですが、細田はそれほど重要な情報とは思っていなかったとします。

しかし、誰かが情報に関する事をメディアなどにリークしようとしていたら、細田はこの情報はとても重要な事に気がついてしまう可能性が出てきます。山猫はきっとこの内情にはまだ気がついていない状態ですよね。

そして、細田しか知らない接点を見つけられては困る「ゆうきてんめい」は細田の口を封じる事を考えました。でも、細田が命を狙われている事を知れば、やり手のハッカーの細田ですから逃げられる可能性もあります。

細田に逃げられては元も子もなくなってしまうと思った「ゆうきてんめい」は、山猫を警察に逮捕させ情報が細田から漏れない様に計画しました。

しかし、計画は失敗。山猫は警察には捕まりませんでした。

でも、これも「ゆうきてんめい」のだったんではないでしょうか?

 

これが、二つ目のポイント「本当の狙いは仲間割れ?」に繋がってきます。

「ゆうきてんめい」の本当の狙いは、山猫を警察に逮捕させるのではなく、山猫と細田の仲間割れだったとしたら

仲間割れをさせ、山猫と細田を引き離すのが目的だったら?こう考えるとつじつまが合ってきます。

 

山猫を怒らせる為に、細田を裏切らせる。

山猫は細田の裏切りを知り、チームから外す。

追い出された細田の口をふさぐ為に消す。

真相は闇の中へ葬られる。

 

これがゆうきてんめいが考えていたシナリオではないか?と予想しています。こんな手の込んだ事をやるのですからおそらく山猫の最大のライバルの可能性が出てきます。

悪行を止めたい山猫。悪行をやめない「ゆうきてんめい」。ラストはこの二人の対決になるのではないでしょうか?

実際に、1話の最後で細田から「ゆうきてんめい」の名前が出た時、山猫は「ゆうきてんめい?」と疑問のような返答をしました。もしかしたらゆうきてんめい」は都市伝説的な存在なのではないでしょうか?

名前や悪行は耳にするものの、その存在を確認した人はいない。みたいな。

都市伝説的な存在でありながら、実際は悪業の全てを取り仕切っている人物「ゆうきてんめい」。絶対的な権力がなければこんな事は出来ませんよね。

絶対的な権力の持ち主で、キャストの中で怪しい人物・・・

そうなると、第1話でキャスターを辞任し東京都知事選に立候補している藤堂健一郎が「ゆうきてんめい」ではないかと予想しました!

いかがでしょうか?

 

まとめ

idea-935587_1280

今回は、ドラマ「怪盗山猫」での塚地さん演じる細田の最後の言葉「ゆうきてんめい」について見てきました。

・細田は「ゆうきてんめい」の知ってはいけない情報を知ってしまった可能性大

・「ゆうきてんめい」は都市伝説的な存在ではないか。

・細田の口封じの為に巧妙な手口を使う「ゆうきてんめい」は絶対的権力の持ち主?

・「ゆうきてんめい」の正体は藤堂健一郎ではないかと予想。

以上、まとめでした。

 

 

3/10追記あり

追記今回の予想が外れましたので、ゆうきてんめいについて追記記事を書きました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 
スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。