怪盗山猫で広瀬すずの演技が下手?藤原竜也化してる?

この記事は4分で読めます

 

 

 
スポンサードリンク


 

亀梨和也さんが主演のドラマ【怪盗探偵山猫】怪盗。神出鬼没の山猫の仲間としてメカを担当している真央。この真央役を演じているのが広瀬すずさんなんですが、演技には絶賛の声が上がっています。一方、叫ぶだけでは演技ではないという厳しい声も上がっています。実際、どうなんでしょう。

 

怪盗探偵山猫での広瀬すずの演技は?

 

広瀬すずさんが演じるのは女子高校生なのに天才ハッカーの高杉真央という役。

suzu

http://beckham23.xsrv.jp/wp-content/uploads/2016/01/812990bf58aed8c49fe2c30b2e1aaaf7.jpgより引用

 

第1話では、なぜ真央がハッカーになってしまったのか。そして、真央を取り巻く巨悪な環境が明らかになりました。

事の発端は、真央の父親の不倫。父の不倫を知ってしまった真央は父の写真をネットに流出させます。

 

流出してもそんなに問題ある?

 

この真央の行動が問題大アリなんです。なぜかというと、真央の父は超有名なIT会社の社長だったんです。そんな社長が不倫となればメディアがほっとく訳がありませんよね。メディアの餌食になってしまった父の会社はどん底まで突き落とされます。

そして、父は信じられない行動に出たのです。

 

信じられない行動って?

 

真央の父は、自分の娘にハッキングをさせてありとあらゆる名簿を手に入れて売りさばいていたんです。バッシングを受けて資金が底をついてしまいましたからね。その穴埋めに自分の娘に犯罪を犯させてた訳です。完全に犯罪一家。

 

真央は何でそんな事してるの?

 

いくら父のいう事でも、犯罪を手伝うなんて普通はしませんよね。でも、真央は父の犯罪の手伝いをしているんです。

その理由が、真央の母親にありました。

真央の母親は、父の不倫を知り自ら命を絶つ行動に出てしまったんです。幸い、父がそばにいて一命は取り留めたものの、精神面から誰にも会いたくないと真央との面会も拒否。(※この後のネタバレ→実はこの時、真央の母親はすでに息を引き取っていまいた。犯人は言うまでもなく真央の父親です。)

自分がネットに父親の不倫写真を出さなければ、こんな事にならなかったのに・・・。と真央は責任を感じているんです。なので、父のいう事も聞いてしまう。そして、父も真央の気持ちを知っていて、わざと真央にハッキングさせているという悪循環。

 

最悪だ!

 

そう、最悪です。どうにもならない巨悪な環境にいた真央。どこにも逃げられない、自分の存在意義もわからないまま毎日を過ごしていまいした。

そこに登場するのが山猫!

山猫は、父の不正を暴くきました。そして、父は警察に逮捕されるという結末を迎えました。

 

ここまでの広瀬すずさんの演技について。

素晴らしかったですよ。最悪の状況ですからね。真央の目に生気が感じられないんです。あのいつものキラキラ輝く瞳はどこに消えちゃったんだーーー!と叫びたくなるほどでした。

これだけでも十分にぶっ飛んだ演技を見せてくれましたが、視聴者が驚愕するシーンがこの後に待ち構えていたんです。

そのシーンが、事件が解決した後に真央が自分の部屋にいた時の事。

父の逮捕後、真央には何も無くなってしまったんです。怒り、悲しみ、苦しみ。ありとあらゆる感情が真央の中から消え、自分の生きる意味さえも無くなってしまいました。

そこの登場したのが山猫。父も母も無くした真央をなぐさめにでも来たのかな?

と思ったら大間違い。山猫はそんなキャラじゃなかった。この後の展開がこちら。

 

犯罪者である自分の行為を”贖罪”という意識で正当化してきた彼女を、山猫は「笑わせるな」という言葉や、床に打ち付けるなどの暴力で攻撃し糾弾した。それに対し「あんたに私の何がわかるの!」「うるさい!黙れ!」と、山猫の胸ぐらを掴みながら絶叫して反論する真央。金切り声に近い怒号をあげ、地団駄を踏み、髪を振り乱しながら大人の男性をにらみつける広瀬の演技は実に鬼気迫るものがある。http://news.aol.jp/2016/01/18/hirosesuzu/より引用

 

 

読んでるだけで、いつもの広瀬すずは一体、どこへ?と思いますよね。実際に見たんですが、もう見てるだけでしんどいですよ。今までたまりに溜まったドロドロした「悪」が一気に噴火した状態。

こんな広瀬すず、見たこと無い!という演技を見せてくれました。

 

広瀬すずの演技は下手なのか?

 

 
スポンサードリンク


 

 

まさに怪演を見せた広瀬すずさん。しかし、視聴者の中にはこんな意見も。

 

 

 

学校のカイダンの時から演技がワンパターン化しているとの意見が目立ちました。これが、みんなが演技が下手だと言っている原因になっている様ですね。

でも、この山猫では決してワンパターンでは無かったですよ。ドスのきいた演技なども見せてくれています。

 

第8話の勝村の誕生日会が行われた時のこと。

 

twins-775506_1280

 

みんなが寝静まった後、山猫と真央は二人で話をします。

山猫が真央に「おまえのコアって何だ?」と聞きます。

真央は「ちゃんと人間らしく生きたい。今度こそ、そこかしこにある大事なものに気付きたいから。」と答えます。

山猫は真央が本当に心配で心配で仕方なかったんだなと思わせる感動的なシーンでした。まるで、妹を心配する兄のように。

真央の重かった心の荷物が、降ろされた瞬間でした。

山猫は嬉しくて、真央の頭をなでます。よしよし。

「やめてよ~。」と真央。

でも山猫は辞めません。まだ、なでます。

そして、なでます。これでもかと頭をなでます。

すると、突然真央の態度が急変!

 

「だから、やめろよ(#`皿´)」

 

さすがの山猫もひるむほど、ドスもきいていたし、目力こもった演技でした。そして、この後、山猫は真央に「すいません・・・。」と謝るのでした。

 

ワンパターン化していると言われていますが、この山猫との会話のシーンでは全くそんな事は感じられませんでした。

山猫と心が通い合い、ツーカーの仲になったんだなというのが垣間見える演技。山猫役の亀梨和也さんの演技あってこそですが、この山猫の真央を数ヶ月間演じた事で、確実に広瀬すずの演技の幅は広がったと言えるのではないでしょうか。

 

清純派からまさかのダークサイドの演技に転身した広瀬すず。

mao

http://eiganomorijp.up.seesaa.net/image/E897A4E58E9FE7AB9CE4B99F.jpgより引用

このままいけば、女・藤原竜也も夢ではないのではないのでしょうか。

 

まとめ

wool-829493_1280

 

今回は、山猫に出演中の女優・広瀬すずさんの演技について見てきました。

・第1話から叫ぶ演技、そして強力な目力で絶賛の声

・叫ぶ演技に関してはワンパターン化の声も

・このままダークサイドを極めれば女・藤原竜也になるのでは

以上、まとめでした。

 

 
スポンサードリンク


 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。