ジョジョのアンジェロ役の山田孝之のビジュアルは?髭はどうする?

この記事は7分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

ジョジョの奇妙な冒険~ダイアモンドは砕けない~の実写化が決まり、キャストのビジュアルが次々に解禁になっています!

が!!

山田孝之さん演じる片桐安十郎こと、アンジェロのビジュアルは未だ解禁されず…。

そして、山田孝之さんといえば、髭も髪もいつもボサボサのイメージですが、一体、ジョジョの奇妙な大冒険ではどんなビジュアルになるんでしょう?

調べてみます!

 

映画「ジョジョの奇妙な冒険」とは?

 

 

 

 

 

山田孝之さん演じるアンジェロがどんな役なのか?

それには、ジョジョの奇妙な冒険がどんな話なのかを知ると分かりやすいので、ちょっと説明していきますね!

ジョジョの奇妙な冒険はもう100巻以上がコミック化されているマンガになります。

そして、その中から今回、映画化されたのが、第4部の「ダイアモンドは砕けないという章のお話になっています。

なってはいるんですが、まーこれまでの歴史が長い!

マジで長い!

ジョジョの奇妙な冒険は、もう100巻以上の歴史があるので、ちゃちゃっと説明するのも難しいんですが!

重要なポイントを抑えてご紹介していきますね!

 

・事の発端は?

さかのぼること、とんでもなく昔。ジョセフ・ジョースターとディオ・ブランドーという2人の少年がいたそうな。

ジョセフ・ジョースターはお金持ちの貴族の息子。

ディオ・ブランドーはろくでもない父親の息子。

この2人がひょんなことから、一緒に住むようになり、ディオはジョースター家の乗っ取りを計画

ジョースターの父はディオに命を奪われてしまったから、サー大変!

ここから、ジョースターは「波紋」という力を使い、そして、ディオは不思議な仮面の吸血鬼の力を得てめちゃくちゃ強くなっちゃって、因縁の対決が始まってしまったのじゃー。

 

・その後…

ジョセフ・ジョースターは戦いの末に亡くなり、ディオは、吸血鬼の力をゲットしていたため、その後も生き続けます。

が!

ジョセフ・ジョースターの子供や孫たちが、めちゃくちゃ強い背後霊のような「スタンド」という能力を手に入れ、ついにディオは倒されてしまうのじゃー。

この間はすご~く長いので、かなーり省略させていただいていますm(_ _)m

 

・そして、今回の映画の部分へ

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

時はずーっと流れて、ジョナサン・ジョースターのひ孫が、今回の映画の主人公・高校生の東方仗助(役:山崎賢人)

しかも仗助のお父さんのジョナサン・ジョースターは、浮気をしていて、その間に出来たのが仗助っていうね。こういう感じもあるのがおもしろいところなんじゃー。

そんな仗助の元に、ジョナサン・ジョースターの本妻の子供、空条承太郎(役:伊勢谷友介)が現れるところから物語は始まります!

さて、仗助が住んでいる杜王町。とても静かで平和な町なはずなのですが…。

何やら不穏な空気が流れはじめているようなんじゃ~。

空条承太郎も何やら、この怪しげな空気の原因がどこにあるのか調べに来ていたんです。

一体、杜王町では何が起きているのかー!

何なんじゃー!

というのが今回の映画のお話になります。

さて、不穏な空気の原因は一つでは無いんです。

何個も、何個も怪しげな人物が杜王町に入り込んでいて、その原因を断つために、仗助や承太郎などなど、色んなスタンドを持った人たちが、色んなスタンドを持った人たちと戦います。

スタンドVSスタンドの戦いが繰り広げられるのですじゃーーー

さて、超簡潔にまとめるとこんなお話のジョジョの奇妙な冒険。

杜王町で起きている不可解な事件。その不穏な空気の原因の一つを作っているのが、今回、山田孝之さんが演じるアンジェロになっているんです。

 

次のページも読んじゃう!

 

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。