ホワイトブレスの歌詞の意味は?HOT LIMITの歌詞とどっちが過激?

この記事は5分で読めます

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

FNS歌謡祭で大いに盛り上がったT.M.Revolutionのホワイトブレス。以前にHOT LIMITの歌詞の意味も調べたんですが、これもね。かなり過激な歌詞が入っているのでは?

ということで、今回は、ホワイトブレスの歌詞の意味はどうなのよ?というのと、HOT LIMITの歌詞とどっちが過激なのさ?についてお話していきます。

 

ホワイトブレスの歌詞は?

 

 

 

HOT LIMITの歌詞を調べた時もそうだったんですが、T.M.Revolutionの曲ってノリがいいですよね。歌詞をじっくり聞くというよりは、リズムに乗って歌っちゃう、って感じじゃないですか?

勢いがあれば、なんでもいいじゃん!みたいなね。

ただ、私も大人になりました。大きくなってから改めてT.M.Revolutionの曲を聞くと「おや?おやおや?この単語は…。」と思うところが多々あるわけですよ。

まずは、歌詞を見てみましょうね。

 

ホワイトブレスの歌詞はこちら

 

ところどころにチョイチョイありますね。怪しげな歌詞が(笑)

では、さっそくホワイトブレスの歌詞の意味はどうなのか?詳しく見ていきましょう。

 

歌詞の意味は?

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

この歌って何が言いたいのかな~って見てみると、まずはタイトルの「ホワイトブレス」に注目!

このホワイトには、冬の雪のホワイトもあると思うんだけど、寂しさとかむなしさとかもこのホワイトには含まれてる感があり。

で、この歌は、寂しさを抱えた彼女。名前はリサ。(あ、勝手に付けました)彼氏はタカ(これ、西川さんね)

リサは本当は寂しいのに、ぜんぜん素直じゃない気の強い女の子。でも、彼氏のタカはリサの寂しさはお見通し。何とかなぐさめてあげたいけど、リサには届かず。

どうしらたいいんじゃい!となったタカ。寂しいのは君だけじゃないんだよ。と、自分の弱さも見せつつリサの寂しさを何とかしてあげよう。

とこんな内容?

星野源が歌ったら、ぜんぜん違う歌詞になるんだろうなと思いながら、やっぱり西川さんが歌うと、色々と過激な部分が出てきてしまう。

いらっしゃい!

西川ワールド!

ということで、怪しげな歌詞を見ていきますか!

 

 

さて、問題の歌詞の最初はこれですよね。

“AM00:00解禁の~”のところ。ここが大問題でしょ。

本来の意味は、明日にも希望が持てないこのせつなさ。君にも分かってほしいんだ!って意味ですよね。

さて、これが西川ワールドへ入り込むとこんな言葉が連続で出てきます。

“AM00:00解禁”

“モザイクがかかる”

“せつなさを中に出させて”

西川!アウトー!

ケツバット決定だな。これ。公共の電波で放送できないでしょ。

夜中の0時にモザイクって、古いのが気になりますが。それにしてもですよ。「せつなさ」って言葉が無かったら完全に、良からぬDVDのタイトルになってるレベル(笑)

 

“自由なフリしても~”のところは、いったて一途な歌詞。

世の中にも逆らえず、敷かれたレールの上を歩いてて、攻撃力低めだけど、タランティーノの作品見て攻撃力を上げれると思っちゃってて、イタイわぁ。って意味と推測!

でも、これ。てっきりリサに言ってると思ったら、タカが自分に言ってますよね。

その後の、タメ口聞ける強さを下さいって言ってるってことは。

もしや、リサは年上設定?しかも、職場の先輩女子なのでは?

こうなってくると事情が変わってきますね~。タカはリサ先輩が好きだけど、ぜんぜん相手にしてもらえてない。お高く止まってるリサ先輩は、年下なんかに興味わ無いわってタイプ。

2人はまだ、ナニな関係にも遥かとおい状況の模様。

リサは、プライド高め先輩女子なんでは?こうなってくると、歌詞の意味も違ってきますね~。

ふむふむ。

 

さて、なかなか落ちないリサ先輩。タカはついに現実逃避してしまいましたね。

“山小屋~”のところ。

ここからは、タカの妄想の始まりです。山小屋と書いてロッジと読ませてますね。てか、最初からロッジで良くない?ここはロッジでいいですよね。

寒い山小屋に二人っきり。どんなにプライドが高いリサ先輩でも、心が折れそうになってします。そして、一緒にいるのは年下のタカ。

私、年上しか興味がないから。なんて普段は言ってるけど、ここは山小屋。あまりの寒さの中、凍えるリサ。そんなリサに自分の上着をかけるタカ。

「こんなことしたら、あんたが寒いじゃん!」と、強がるもタカに抱きしめられて…。

わぁーーーーーお!ってなるんだな。きっと。

あっ、タカの妄想なの、すっかり忘れてた(笑)

てか、タカ。妄想してないで山小屋に行っちゃえばいいんじゃない?リサ先輩つれて、行っちゃえばいいんじゃない?

 

そして、サビの部分に何度も出てくる“暖めあおう”

暖め合おう。西川さんが言うと、ナニの意味にも取れなくはないですが。サビの部分は全部、タカの心の声がダダ漏れな部分ですよね。

とんでもなく寂しいときに、リナ先輩は愛とか恋とか言ってるの?そんなこと言ってないで、暖めあっちゃいません?チャラ男風に言うとこうなる

でも、今回のタカはもっと、心の比率が高い。87.4%くらいが心。(タカだけに(笑))

最後の“こんな寒い~”からのところの意味を見てみると。“舐め合う”とか“暖めさせて”とか、ナニな空気感ですが、意味としては全然ちがう

 

最後のサビは

“こんな寒い~”のところ。

とんでもなく辛いリサ先輩だけど、リサ先輩の辛さはオレにはどうにも出来ないよ。

“そんなん~”のところ

そんなのどうでもいいから抱いてよってプライドの高いリサ先輩は、絶対に言えない。だからってオレにもどうにも出来ない。

傷を舐め合うことしか出来ない2人。

“わがままも~”のところ

本当は誰かに助けてほしいリサ先輩。でも、オレじゃ力不足だから他の誰かに癒やしてもらうの?

“まして~”からのところ

オレは、リサ先輩のすべてを受け止められる。だから、オレのとこへきなよ。リサ…。

 

ナニの方より、こっちの意味のほうが曲の全体がつながっている感じがしますよね。。

ところどことに、ナニな言葉が入っているから、良からぬ期待を持ってしまうんだな(笑)

ということで、ホワイトブレスは

「リサ先輩が、とんでもなく辛い状況だけど、タカではどうにも出来ないもどかしさ」を歌った歌だと推測されます。

ところどころ、過激な歌詞が出てきますが、全部の意味を見てみるとリサ先輩を大切に思う、せつない男の物語だったんではないでしょうか。

 

ホワイトブレスとHOT LIMIT過激なのはどっち?

 

 

 

 

 

これは言うまでもなく「HOT LIMIT」の勝利ですかね。

以前にHOT LIMITの歌詞も意味を考えたんですが、MAXレベルが10だとしたら、ホワイトブレスはレベル2。HOT LIMITはレベル9です。

ホワイトブレスも過激な言葉は入ってますが、その言葉も打ち消してしまうくらい「せつなさ」の方がデカイ要素を兼ね備えてる。なんか、歌詞思い出したら泣けてきた( TДT)

ということで、過激さではHOT LIMITの方がぜんぜん上でした。

 

最後に

 

 

 

 

 

今回、ホワイトブレスの歌詞についてお話してきました。西川さんのことだからちゃんと歌詞を見たらナニな展開がいっぱいあるんじゃない?なんて、思って調べてみました。

しかし、歌詞をひとつづつ見てたら、超真剣な男の気持ちが歌詞には込められてて、改めて西川ワールドの世界は広いな!と、再確認。

みんなも歌詞がヤバイって言ってるけど、意味が深い歌詞もあるじゃないですか。

ちょっと、西川さんを見る目が変わった。この曲が発表されてから、10年以上たつのに、今更、めちゃくっちゃいい歌じゃんで思ってすいませんでした_(._.)_

相当、凹んでいる女の子がいたら、歌って上げるといいかもしれないですね!

ではでは、今日はここまで!

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。