北海道のるっつの値段と味は?東京で食べれるお店はあるの?

この記事は5分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

 

12月28日に放送の「1億人の大質問!笑ってこらえて!」

所ジョージと明石家さんまのコラボ回ということで、とんでもないことになりそうで今から楽しみ!と思いながら、番組表を見ていたら、どうやらさんまさんが「るっつ」という食材を求めて、北海道まで行ったんだとか。

そして、この「るっつ」という食材は1996年の放送ですでに紹介されたようなんですが、10年前のはさすがに記憶にない…。

ということで、「るっつ」って一体何なの?というところから、値段や味についても合わせてお話していきますね。

 

 

そもそも「るっつ」って何なんなの?

 

 

 

 

 

 

るっつっていうのは、北海道の方言なんだそう。

正式名称は「ユムシ」

 

ユムシ(学名:Urechis unicinctus)は、ユムシ動物門ユムシ綱ユムシ目ユムシ科の海産無脊椎動物。漢字では螠虫(螠は虫編にの旧字体)と書く。

別名にコウジ。北海道ではルッツ、和歌山ではイイ、九州ではイイマラなどとも呼ばれている。
引用元

 

画像…。載せようと思ったんですが、ちょっとね、見た目がグロい。ちょっとどころじゃなく、相当グロい。

苦手な人は絶対に無理な感じなので、ぜったい見てやるぜ!という勇気のある方はこちらから!

別名はコウジって人の名前みたいだし、ルッツ、イイ、イイマラってどんだけだよっ!ということで、名前の由来があるのか調べてみると。

北海道の「るっつ」は、ミミズに似てるね!っていうアイヌ語から来ているんだそう。

和歌山の「イイ」わちょっと分からなかったんですが、九州の「イイマラ」に関しては発見しました!

マラっていうのは、仏教徒の言葉のようで…。さっき、画像を見た方はお分かりだと思いますが、何かによく似ていましたよね?

そう、アナタが思っているソレです。わぁーーーーーお!となってしまうソレです。マラはソレのことなんですって。

じゃ、九州では「イイ、ソレ」って読んでいるってことか。直球だな、オイ!

きっと、和歌山の人は「さすがにマラは直球すぎだな…。」ってことで「イイ」にしたんじゃないですかね。

さて、名前の謎が解けましたね!

ところで、あのお笑い怪獣とも呼ばれるさんまさんがわざわざ探しにいく食材「るっつ」

芸能界でも希少な存在のさんまさんが探しにいくんだから、きっと「るっつ」も希少なはずですよね?

一体、どのくらい希少なんでしょうか?レア度をご紹介していきますね。

 

るっつの希少なの?

 

番組の紹介では

 

なんと1年に1回獲れるか獲れないかという程の超貴重な食材だ!!http://tv.yahoo.co.jp/program/24433453/より引用

 

とのこと。

ん~、さんまさんが行くくらいだから超貴重なんだろうけど…。ねぇ?いまいち伝わらないなぁ、って感じですよね?

すると!朝の情報番組に番宣で佐藤栞ちゃんが出ててこんなことを言ってました。

まとめると

超レアと言われるのは、海が大しけの時にしか取れない。大しけに当たるのは年に1度あるかないか。だから、幻の食材って言われてるんですよ。ってことでした。

そっか!取れる時が決まってるんですね。そりゃ、限定感が半端ないですね。

さらには、「るっつ」が希少と言われるのはこれが原因か?

 

ただ、いつでも拾えるというわけではありません。これより前にルッツを拾えた時は、2012年の12月のある日1日だけ。その前に採れた日はさらに3年遡るそうです。
晩秋から初冬にかけて、西南西の猛烈な強風が吹き荒れて海が大しけとなった翌日に揚がることがあるという、出会うことがかなり難しいシロモノです。ルッツは普段海の底に穴を掘って生息していますが、大しけの時に海底がかき回されて揚がってくると言われています。
めったに採れないルッツ。浜益の方々は、ルッツが浜に揚がったとわかると地域内の知人友人親戚一同、一気に連絡が回り、仕事そっちのけで海辺へ集まってくるほどだそうです。http://www.hokkaidolikers.com/articles/2657より引用

 

知人、友人、親戚一同にお知らせされたら、そりゃー無くなりますわな。地元民でぜんぶ消費されてしまいますわな。希少なのはみんなで取っちゃうからなんですね(;_;)

でも、地元の人達もめったに食べられないので、冷凍して保管している家庭も多いんですって。

さて、地元民がこぞって取ってしまう「るっつ」希少価値が上がるのも納得ですね。

しかし、いくら希少だと言われても。肝心の味が問題ですよね?そして、希少だけに値段も気になります。

 

るっつの味は美味しいの?値段はいくら?

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

 

いくら希少って言われても、味に問題ありだったり、値段がべらぼーに高かったら食べるきがしませんよね?

果たして、味はどうなのか?

実際に食べた人の感想をまとめると

 

・食感はコリコリ、クニュクニュ

・生臭さはナシ!

・赤貝、ミル貝、つぶ貝に似ている

 

こんな味だんだそう。

あのグロいやつが、意外といい仕事をしているようです。しかも貝好きにはたまらない磯の香りが半端ないようですよ。

さて、おいしいのは分かりました。

さっ。問題のお値段は…。

100グラム!

なんと!

1,500円なりーーー!

結構しますね。あの謎のグロいやつに100グラム1500円か…。でも、貝好きとしては食べてみたい気もします。

さて、このグラム1500円もするのに、貝好きを引きつける不思議な魅力がある「るっつ」

東京で食べれる店はあるんでしょうか?

 

るっつは東京で食べられるのか?

 

 

 

 

 

超希少だけど、もしかしたら、東京で食べれるお店があるかもしれない!と調べて見ると。

ありましたーーー!

しかし、食べられるのは日本料理屋ではありません。食べられるのは韓国料理屋です。

実はこの「るっつ」韓国ではよく食べられているんだとか。韓国ではケブルという名前でお刺身なので食べられているようです。

へぇーーー。

ということで、東京食べられるのはるっつではなく「ケブル」と呼ばれているものになります。基本「ユムシ」ですが。

その「ケブル」が食べられるのはこちらのお店です。

ただ、入荷しないと食べられないのと、数量は限定とのこと。なんか希少感がありますね!

じゃ、いつ食べれるか分からないじゃないの!というアナタもご安心を!

お店のFacebookで入荷した時はお知らせしてくれています。数量限定の部分はどうにもならないので、直接お店に電話で確認してから行ってみて下さいね!

 

もしかしたら、他の県でも韓国料理屋で出しているかもしれませんね!ただ、数量は少ないかと思うので、お店に合ったときにはぜひ、食べてみて下さいね!

ちなみに、通販のお店本物の味 シーレッシュでも扱っているようです。ただ、入荷しないと販売できないのはご了承くださいね!

値段は150グラムで1,200円と、安いですが送料は1,200円~となっているのでご注意を!

 

 

最後に

 

 

 

 

今回は、笑ってこらえてでさんまさんが超激レアな「るっつ」という食材を取ってきたということで、本当においしいのか?私たちにも食べたり出来るのか?をお話してきました。

るっつは地元民でほとんど消費されてしまうので、市場にはめったに現れない超激レア食材で、味は貝系なので貝好きにはたまらない一品なのではないでしょうか。

お値段は100グラム1,500円で販売。通販では100グラム1,200円+送料で販売。

見た目からドン引きしそうでしたが、実際に食べた人の感想を見ると、あれ?おいしいんじゃない?「るっつ」おしいいんじゃない?てと自分でもオドロキの展開に(笑)

もし、るっつを食べれたらかなりの強運の持ち主ですね!

ではでは、きょうはこの辺で~!

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。