映画何者を朝井リョウの原作からネタバレ!里香のラストの結末は?

この記事は7分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

 

朝井リョウ著書「何者」が実写映画化!今回は、前回に引き続き、原作の内容をネタバレしていきます。前回は、隆良と光太郎のラストの結末をネタバレしてきました。今回は、里香がその後、どうなったのかをネタバレ。一番、就職活動をがんばっている里香は就職出来たのか?さっそく、ネタバレしていきます。

 

「何者」のネタバレ

 

 

hands-1159470_640
【前回の記事はこちら】

 

前回の内容をまとめると。

 

隆良は、俺は就職活動なんて、ばかばかしくてやってられないぜ!とみんなの前で堂々と公言していました。

が!

結局は、影に隠れてこそこそ、就職活動を始めます。

みんなが懸命に就職に向けてがんばっていた時期に、何もせず、理想ばかり語っていました。

なので、現在も就職活動中です。

 

一方、光太郎はというと。

就職活動のスタートは遅かったものの、翻訳家になるために留学してしまった好きな人に会うためだけに、出版社に就職が決定!

一番乗りで、就職を決めたのは光太郎でした。

 

さて、ヘンテコ就活サークルの中でも、有望とは決して言えない光太郎がなんと就職を決めてしまいました。

里香が就職活動とは何ぞや?について熱く語っている間も、訳わかんないよ。とか、何それ?とチンプンカンプンでしたし、里香の熱弁を

 

「こいつ絶対聞いてないでしょ?」

 

なんて思わせる一面も見せていた光太郎が、まさかの就職決定!

というところまでネタバレしました。

しかし、この光太郎の就職をよく思っていない人物もいるようですよ。

それでは、はじめに就活熱心?というより就活マニアの里香がどうなったのかネタバレしていきますね。

 

里香の就職活動はどうなった?

 

 

woman-400574_640

 

 

里香は、毎回、ヘンテコな空気が流れる就職活動サークルが始まる前から就職活動に力を入れていました。

 

まずは里香の武器でもある肩書きを見てみると。

御山大学 外国語学部 国際教育学科 武本ゼミ 副ゼミ長 世界の子供たちの教室プロジェクト広報部 【美☆レディ大学】企画運営 御山祭実行委員広報班班長

小早川 里香

原作「何者」P149、P150より引用

 

だそう。

 

これは、里香が作った名刺に書かれている内容です。これを、片っぱしから配りまくっているんだそう。

 

そして、里香が日々続けている内容がこちら。

・大学の内定者にESを添削してもらう

・企業OBへ訪問を欠かさない

・企業で担当してくれた人とSNSで交流

・SNSで繋がった人脈を徹底研究

と、こんな感じで里香は就職活動をしています。

 

さて、里香はどうなったんでしょうね。

結果から言ってしまうと、

 

里香は今も就職活動中です。

 

 

あんなにスタートも早かった里香ですが、結局内定はもらえず。というか、面接にもたどり着けない状態です。

 

なーんでか!

 

里香はすごい熱意を持って就職活動をしていました。いや、就職活動をしていたように見えました。

 

原因はなんだったのでしょう?

 

里香は、SNSに日々の報告をUPするのが日課です。というか命です。これが原因だったのではないでしょうか。

 

たとえば

 

RIKA KOBAYAKAWA@rika_0927

昨日はESふたつ出した後、キャリセンに行って模擬面接してもらった。「常連さんだね」って笑われちゃったり(笑)。すごーく貴重なアドバイスをいただいた。自分の中で軸が固まってきてる分スムーズに話せちゃうから、早口になりやすくなるんだって、意識するって大事!次の面接で活かす!

原作「何者」P105より引用

 

とか。

 

RIKA KOBAYAKAWA@rika_0927

目標のOB訪問二十人達成!名刺の効果スゴイかも。デザインも含めて、お気に入りのアイテムになって満足。隆良からもらった名刺入れの色ともバッチリで、早くこの百枚が無くなればいいな。これからこれだけの人に出会えると思うとワクワク!もっとたくさんの人に会って、いっぱい吸収しよう。

原作「何者」P177より引用

 

 

こんな感じです。

これを読んだ人は、里香はすごい活動的だな!って思いますよね。がんばってるな~って思いますよね。

でも、里香は間違った方向にがんばっているんです。

 

就職するためにがんばっていないですよね。里香って。就職活動をがんばっているように思えてならないんですよね。

 

そして、里香が面接までたどり着けない理由。

それは、試験に受からないからです。

英語ばかり勉強してきた里香は、その他の教科が苦手なんです。

 

じゃ、勉強すればいいじゃん!

 

って思いますよね。

でも、里香はそれは出来ません。

だって、SNSに「今日は試験に受からないから、数学の勉強をしました。」って書くのが嫌なんです。絶対に自分の恥の部分はSNSには書きたくないんです。

 

自分のイメージが崩れちゃうから。

 

でも、SNS上では、自分が、がんばってるよアピールはしなくちゃいけないので、OB訪問、大学の内定者にアドバイスを受けに行くことはやめません。

しかも、帰ってきてからはアドバイスの復習をしています。

そんな事をしてたら、勉強なんてする時間はなくなってしまいます。

 

 

里香の問題点は何だ?

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

なんだか里香の問題点を探したら、今のSNS依存を思い出しました。

この「何者」の中でも言ってるんですが、

 

“ほんとうにたいせつなことは、ツイッターにもフェイスブックにもメールにも、どこにも書かない。”

 

という一説が出てきます。

本当のことは書かないけど、でもSNSはUPしなきゃいけない。

なんでもつぶやけて便利なはずのツイッターなのに、逆に、本音なんて書けないっていう矛盾が生まれています。

 

この前、超行列が出来ているファストフード店のニュースがやってまして。

写真を取りまくる女性がインタビューを受けていました。

美味しいですか?って聞かれて彼女は

 

「っていうか、写真撮りにきたんで。」

 

って言ったんです。

これこそ、里香と一緒ですよね。

 

2時間、3時間と行列に並ぶからには、苦痛は絶対にあるはず。

ここで、ちょっと思ったのが、

 

絶対に食べたいメニューがあって並ぶ人と、

 

写真をUPするためだけに並ぶ人

 

どっちが苦痛が大きいんだろう。って。

 

私は、写真をUPするためだけに並ぶほうが苦痛が大きいと思います。

絶対に食べたいメニューのある人は、信念があります。

この店のあの料理が食べたい!って思うから並ぶわけです。

 

でも、

写真を撮ってUPしたい人は、きっと、どこの料理でも流行っていれば問題ないはずですよね。

 

里香も、就職に関してはこの写真だけを目的に行列に並ぶ人たちと一緒で、SNSに依存してしまっている一人ではないでしょうか。

 

里香の場合は、このために就職したいって信念が無いんです。

誰もがうらやむような、大手企業で働きたいってだけ就職しようとしています。

留学もしたし、外資系かな?なんて場面も原作では出てきますが、これだけではどこの企業も欲しいなんて思いませんよね。英語が出来る人なんていっぱいいますから。

光太郎は、好きな人に会いたいっていう不順な動機で就職をしましたが、里香よりはよっぽど信念を持って就職しています。

里香は、仮面だらけで本物じゃない自分をSNSで演じるために就職活動してるんじゃないかな?っていうのが正直な感想です。

 

里香はいつまでたっても就職どころか、人間としてダメになっていきそうで怖い

 

 

holzfigur-980784_1280

 

 

別に、SNSに写真をUPするのが悪いって言ってるわけではないんです。

 

すごい美味しい料理を食べて感動した!

サプライズパーティーをしてくれて嬉しかった!

 

どんどん、発信していく内容だと思います。

 

一方は、誰かにうらやましいなぁ。と思わせるためだけに写真をUPしているSNS

 

きっと、この先、ずっと支持されるのは、自分の気持ちが書かれている前者のSNSだと思います。自分の気持ちを素直に語っているSNSと、うわべだけで飾られたSNS。

 

あなたなら、どっちが読みたいですか?

 

っと、なんだか熱くなってしまいました。

でも、この原作の里香を見ていると本当に切なく、つらい気持ちになってしまうんです。

 

就職サークルの中で、光太郎が実はES通って、今度、面接なんだよねって突然言い始めたことがありました。

普通ならすごいじゃん!とか、がんばってるね。って言ってあげるのがみんなで集まるメリットですよね。

でも里香はこんなことを言います。

 

“「説明会と面接が一緒のところって、あるよね。あんまり大きくない会社でよくあるタイプ」”

 

喜ぶどころか、非難するような言葉。

 

そして、光太郎がもしかしたら、内定決定の電話かも!と部屋を出て行ったときも

 

“「笑わせたいから、とか、そういう姿勢で臨んで、面接もすらっと受かっちゃうんだもん。多分、今までもそうやってきたんだろうし、これからもそうやってうまくやっていくんだろうね。」”

 

って言うんです。

 

これを読んで、私はこの就職活動サークルは「ヘンテコ」だなって思ったんですよ。

人の悪口をいうために集まるサークルなら、別にいらないですよね。しかも、本人が居ないところでこんな会話するなんて凹みました。

 

SNS依存にプラスして、悪口サークルのリーダー的存在の里香。どう考えても、就職するにはほど遠い場所にいる気がします。

 

いつか、里香の考える方向性が逆転して、素直に自分の意思に従って行動できる日が来るといいですね。

 

ということで、今回のネタバレはここまでです。

 

里香のネタバレはここまでですが、拓人のネタバレでも、里香は再度登場するのでお楽しみに!

毒を吐きまくりで再登場しますよ(笑)

 

まとめ

 

 

rp_person-941311_1280-300x200.jpg

 


 

今回は朝井リョウ著書「何者」の里香のラストの結末をネタバレしてきました。

・里香の就職活動は未だ終わっていない

・嫌いな試験の勉強をせず、SNSのUPに大忙しなのが就活が上手くいかない原因に。

・里香の就職活動はSNSにUPする内容のためだけに行われていると思う。

・人を非難するためのサークルなんて必要ないよ

以上、まとめでした。

 

今回、この「何者」を読んで、本当にこの里香という人物に学ぶところが多かったです。

 

私は、小説のことや、ドラマや映画のことについてのサイトを良く読みます。

でも、その中には、自分の考えも無い、ただのコピーのサイトだっていっぱいあるし、非難ばかりする掲示板が存在するのも事実です。

すばらしいサイトもたくさんあるのですが、コピーサイトや非難のサイトのほうが圧倒的に多い傾向に現在はあります。

 

本当にすばらしい事を書いているサイトさんが、埋もれてしまっているのが現状なんです。

 

自分も情報を発信して、誰かに何かを伝えたい!と日々考えながら書いています。

そんな事を考えるようになったのは、実際に自分が他のサイトを見て、コピーだらけの文章を読んでもつまらないと感じたからです。

これからはきっと、もっとたくさんの情報でネット上はいっぱいになっていく事でしょう。本当の情報も、どんどん埋もれていってしまうでしょう。

 

今回、そんな山のようにあるサイトの中から、私のサイトを訪れてくれたあなたには、私のようにガッカリして帰って欲しくない!そんな思いで日々、文章を書いています。

 

他のネタバレのサイトさんのほうが、簡潔に書いてあって読みやすいのに、脱線続きの私の記事を、ここまで読んでいただいたあなたには本当に感謝しています。

 

これからも、こんな感じで、

「この人、また始まったよ。なんか語っちゃってる」

みたいな事もあるかと思います。

 

「こいつ、文章力ないな~」

なんて事も、多々あると思います。

 

でも、私は里香のように表面だけの情報は発信したくありません。なので、この面倒くさい文章をずっと書き続けていくと思います(笑)

こんな私ですが、どうぞ、お気に召された方は、懲りずに遊びに来てくださると嬉しいです!

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。