小栗旬と小出恵介の映画キサラギがつまらない?不仲が原因か?

この記事は6分で読めます

映画「キサラギ」って知ってますか?小栗旬が主演なんですが、今、話題になっちゃってる小出恵介も出演している作品になんです。

2007年に公開された映画で、キャストは主演の小栗旬をはじめ、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、香川照之など、豪華な顔ぶれが揃っています!

 

そんな映画「キサラギ」ことを調べていると、なんだか「つまらない」との書き込みが多数あったんです。

小栗旬の出ている映画って大半が大ヒットしていますよね?それなのに、つまらない映画なんてあるの?

という疑問が湧いてしまいます。

どういうことなのかを調べていると、小栗旬と小出恵介が不仲だとの情報が…。

もしかしたら、これが原因なのかしら…とふと考えてしまいます。

 

 
 

 
スポンサードリンク


 

 

 

ということで今回は、映画「キサラギ」は本当につまらないのは、小栗旬と小出恵介の不仲が原因なのかを見ていきます!

 

 

映画「キサラギ」の小栗旬と小出恵介の不仲説が浮上?

 

 

小出恵介と言えば、最近、無期限活動停止ということで連日ニュースになっていますよね^^;

なんでこんなことになってしまったのか、「何やってんだよ」って言葉しか出てきませんが。

 

実際のところどうなんだろう?とこのニュースについて調べていると、何やら小栗旬との不仲説があったようです。

以前は、同年代の俳優として、小栗旬や瑛太、松本潤らと一緒に食事に出かけたりしていたそう。

しかし、ニュースでも言われている通り、かなり上から目線でモノを言うので、みんな小出恵介から離れていってしまったそうな…。

不仲っていうよりは、ニュースが出る前から絶縁状態だったようです。

 

で!ですよ!

 

こんな絶縁状態で一緒に映画なんて撮ったら、どちらも気分が悪いだろうし、いい作品なんて出来るわけがないですよね?

そこで、映画「キサラギ」がつまらない理由は、小栗旬と小出恵介の不仲が原因なのではないか!と思ったわけです。

 

さて、真相は…

 

映画「キサラギ」の公開が2007年。

ニュースによると、2013年の小栗旬と山田優の結婚式には小出恵介が出席していたとのこと。

 

ということは!

嫌いな人を大事な結婚式に呼ぶなんて事はないだろうし、映画「キサラギ」の時は、仲が良かったってことになりますよね。

 

どうやら、映画「キサラギ」がつまらないのは、2人の不仲が原因ではなさそうですね。

 

じゃあ!何がつまらないと言われている原因なんでしょう?

 

 

映画「キサラギ」はなぜつまらないのか?

 

 

つまらない!と言っている方の意見をまとめると。

 

  • くどくどと説明してくる話の流れが好きになれない
  • 海外映画の真似してるだけ
  • 映画じゃなくて舞台向きの作品では?
  • とにかく面白くない

 

などなど、の意見がありました。

 

なかなか辛口の意見が多いですね^^;

ということで、実際に映画を見てみました!

 

キサラギを見てみた!

 

映画「キサラギ」を見てみて、最初に思った感想。

 

それは

だいぶ好みの分かれる映画になってるな。

ってこと。

 

 

私は好きな映画なのですが、先ほどの辛口コメントにもあったように好きになれない人もいると思います。

では、感想を!とその前に、映画キサラギはどんな映画なのかについてお話していきますね。

 

映画「キサラギ」ってどんな映画?

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

  • 公開日:2007年
  • 上映時間:108分
  • ジャンル:ミステリー
  • 監督:佐藤祐市
  • キャスト:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅

【あらすじ】

売れないアイドルの如月ミキが自ら命をたってから1年。

彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、思い出話で盛り上がるはずだったが…

彼女は、何者かの手によって亡き者になったのではなか?というたった一言で事態は急展開を迎えて…

 

【キャスト】

家元(いえもと)演 – 小栗旬
如月ミキのファンサイトの運営者であり、一周忌追悼会の主催者。自称、しがない公務員。

オダ・ユージ 演 – ユースケ・サンタマリア
一周忌追悼会の企画者。服装や言葉遣いなど、細かい部分に非常に厳しい。

スネーク 演 – 小出恵介
「如月ミキ1周忌追悼会」の参加者で、都内の雑貨屋で働いている元バンドマン。

安男(やすお)演 – 塚地武雅
福島で農業を営んでおり、家元が主催した「如月ミキ1周忌追悼会」には片道6時間弱をかけて参加した。

いちご娘。(いちごむすめ)演 – 香川照之
「如月ミキ1周忌追悼会」の参加者。電子掲示板上での女性らしい言動とハンドルネームとは裏腹に、実際は無職の中年男性。

如月ミキ(きさらぎ ミキ)演 – 酒井香奈子

 

では、さっそく映画の感想を書いていっちゃいます!

 

 

映画「キサラギ」の感想

 

 

「とてもよく出来た面白い話」

 

学生の演劇かよ!なんて酷評もありましたが、素敵な脚本で、無駄がないです。それに、キャスティングがこの作品にとても合っていて、引き込まれます!

 

退屈する間がまるでないので1時間48分があっという間に感じます!

あっという間なんですが、強烈な演出は求めてはだめです!これが、つまらないって言われてしまっている理由かな?

登場人物は5人しかいないし、しかも室内。

キャストがすごいので壮大な作品をイメージしちゃいそうになるのですが、決してそんなことは無いのでご注意を!

 

 

キサラギの元に集まった5人ですが、舞台が「ここがはじまりでこれから、どんどん展開が広がっていく!」と最初に思っちゃうんです。

思ったんですが、その期待は大きく裏切られます。

代わりに、キャストがどんどん盛り上げていってくれるのがおもしろいところでもあります!

 

小栗旬、ユースケ・サンタマリア、香川照之ら俳優陣の演技がピカイチなのはもちろんですが、お笑い芸人のドランクドラゴン・塚地武雅の演技に魅了されてしまいました。

 

小栗旬演じる家元の呼びかけで5人は集まり、誰がどのように!どれほど如月ミキに近かったのか!と競争する姿は、面白いですよ。

笑いと驚きと、感動に包まれる感じが妙にしっくりくる作品になっていると思います。

原作が古沢良太なので、相棒シリーズやリーガル・ハイ、映画の探偵はBARにいるなどが好きな人は楽しめるんじゃなかな?

 

映画の中では、キサラギ。ミキちゃん、ミキちゃん、とみんなが言いますが、顔は出てきません。

ミキちゃんってどんな人だよ!と、気になってたところ、最後の最後にミキちゃんのお顔も拝めるという特典がついています(笑)

こういう設定も好きです。

 

こんな作品だと私は思いましたが、やっぱり、ここまで大きく評価が別れるのは、好みの問題かな?

私は大好きな映画でした!

アイドル・如月ミキをきっかけで集まった5人。

舞台が変わらないのですが脚本が良くできていて、伏線が数々仕掛けられてあるのも見どころです!

 

ストレスは一切なく、ただただ説明する作品って声もありましたが、テンポがよく話がつながっていくところがおもしろいです。

テトリスでどんどんブロックが消えていくあの爽快感に似ています^^

気が付いたら、話は別方向に至っていましたが、余す隙間なくギュッと内容が詰まっているので、飽きること無く見れますよ。

 

 

映画「キサラギ」のキャストの演技にも注目

 

塚地の演技がすごいとガッツイて見ていたのですが、いつの間にか「すごい」はすべての出演者になってしまいます。

小栗旬、香川照之、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、そして、この作品を作ったスタッフ!すべてが素晴らしいと感じます。

 

キサラギの出演者は、先ほど見ていただいたように、とにかく豪華!

今、このメンバーが集まったら、もっとすごい作品が出来るんだろうなっと思ってしまいます。

まぁ、小出恵介があんなことになっちゃったんで実現はしませんが…

 

今も、みなさんものすごい活躍を見せていますよね?

銀魂の映画の実写化なんてマジかよ!とファンを困惑させたにも関わらず、そのファンをもうならせる完璧な演技を見せている小栗旬!

病気などで一時は心配されましたが、その闇に包まれたような演技は不思議な魅力を持っているユースケサンタマリア!

小出恵介は、ニュースの通り。俳優としては良かった感じでしたが、プライベートがあれでは仕事も上手く行くはずがないですよね^^;

お笑い芸人なのに、なんであんなに演技が上手いのか、疑問しかない塚地武雅!

「小さな巨人」や今では懐かしい「半沢直樹」での顔芸と、大事なことを言う前の「間」が何とも言えない、香川照之!

 

まぁ、豪華ですごい人たちがこの映画「キサラギ」には集まっています。

 

特に演技で注目したいのは、サスペンスをコミカルに塗り替える時!

絶妙な雰囲気があるので、お見逃しなく!

 

 

まとめ

一部酷評もある映画「キサラギ」。

独自の展開をする作品なので、落とし込める人とそうでない人がいるのでしかたがないですが、私はおもしろい作品だと思います。

 

コミカルな部分は楽しめるし、脚本がよく出来ているので、時間が過ぎるのがあっという間です!

おなじみの俳優がたくさん登場するので、過去の作品ですが、見ていると親近感もあるし、すぐに入り込めるのでおもしろいですよ。

舞台が室内だけで展開されるので、動きは少ないですが、俳優陣の演技に集中して見られます。

 

それに、昔の作品ってみんな若いな~。なんて思い出にひたる事も出来るところがいいですよね。

若き日の小栗旬にはキュンキュンしてしまいます(笑)

 

「キサラギ」は、独特の展開が持ち味ですし、映画の面白さを改めて実感することが出来る作品になっています。

こんな撮り方もあるのか!と、新たな部分も見えるので、色んな見方が出来るところも新鮮です。

 

映画「キサラギ」

おもしろかったーーー!

 

ということで、今日はこの辺で!

 

 

 

 
スポンサードリンク


 
 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。