ダウンタウンなうで松本人志がウエンツ瑛士に説教?野村周平も一喝?

      2017/03/20

3月17日に放送されたダウンタウンなうでゲスト出演した野村周平。

坂上忍に「新人類」と呼ばれてしまうほど、とんでもない発言をした野村。しかし、この新人類にも負けない話を松本人志が話はじめる。

その話の標的になったのはウエンツ瑛士。この場にいないにも関わらず、松本は過去にあった出来事を納得がいかない顔で語りはじめた。

松本は一体、何を語ったのか?

 

  
スポンサードリンク


 

 

そして、松本の話を聞いた野村も納得がいかなかったようで、最後にウエンツ瑛士に一喝!

松本は何を語ったのか?そして、野村が一喝した理由とは?

今回は、こちらについてお話していきます。

 

ダウンタウンなうで松本人志がウエンツ瑛士に説教?何があったのか?

 

 

 

 


 

今回ゲストだった野村周平。ベテラン俳優である佐藤浩市に、芝居について指摘されて佐藤も同じことをやっていたと発言し、坂上忍が本気でダメ出しをするという展開に。

坂上は野村の言動が信じられないという様子で、新人類と呼ばれてしまいます。

さて、この新人類の話の流れて、松本人志が過去にあったウエンツ瑛士とのやり取りを告白!しかも、かなりご立腹の様子です。

一体、何が起きたのかというと…

ある日、ウエンツから電話があった松本。しかし、その時は電話に出れなかったので「用事があるなら、また連絡がくるだろう」と、松本はウエンツからの連絡を待っていたんだそう。

しかし、待てど暮らせどウエンツからの連絡はなく。ここで松本は

「我々の感覚じゃ、もう一回電話してくるか、メールで『さっきの電話は◯◯でした』ってあるやん?ホンマにないねん」と、相当ご立腹な様子

しびれを切らした松本は翌日、ウエンツにメールをしたんだとか。

「昨日、電話に出れなくてごめんな。何の用事やったん?」と。

するとウエンツから何時間も経ってから、返信があり

ウエンツは、松本が以前にデレビで発言した言葉の意味を知りたかったようで

「◯◯が気になって、聞きたかったんです」

そして、松本は親切に

「あれは、△△やで」

と、返信したそう。

その後、ウエンツからは何の返信もなく。これに松本は納得がいかず…というエピソードが暴露されました。

さて、この話を聞いて、先ほど坂上から本気のダメ出しをした野村は、ウエンツを一喝します!

一体、どんな言葉が飛び出したのでしょうか?

 

 

野村周平がウエンツ瑛士を一喝?

 

 

 

 
スポンサードリンク


&nbsp
 
 

 

松本のエピソードを聞き、終始「俺はそんな事はしない」とツッコんでいた野村。

坂上から

「周平くんから見たウエンツはどうなの?」

と聞かれると

「ナメてますよね」

と、答えます。

この意見には、松本も賛同

野村は自分がウエンツの立場だったら、電話をしてすぐにメールで返信があれば電話をかけ直すし、返信がなければ、次の日の朝にメールで「昨日の電話は◯◯の件でした」とすぐに連絡をすると持論を語ります。

すると、坂上と松本からも「ちゃんとしてるじゃん」と言われ、野村もまんざらではないご様子。

「ちゃんとしてるんですよ」と、先ほどのダメ出しの部分とは全く違う流れになりました。

そして、松本からウエンツに何か言って!と言われた野村

ちゃんとした方がいい

と、カメラ目線でウエンツに一喝

という内容でした。

ところで、こんな話を自分のいないところでされているウエンツってどう思っているんだろう

と、思って調べてみたら、このエピソードは過去にも他の番組で松本は話していたようです。そして、その現場にはウエンツもいたんだとか!

ウエンツはこれのエピソードに対して、どう思っていたんでしょう?

 

ウエンツ瑛士はどう思ってる?

 

 

 

 

 

このエピソードを松本が最初に話したのは、日曜日の朝にやっている「ワイドナショー」だったそう。

先ほど紹介させていただいた、ウエンツ返信なし事件!が起こり、松本はウエンツがいたその場でこのエピソードを話したんだとか。

そして、松本は

「後輩なのに、おかしくない?」とウエンツに言うと、こんな答えが返ってきます。

 

ウエンツは苦笑いを見せながら「おかしいのはそっちです」「もう1回こっちから電話ですか? そっちの方が失礼じゃないですか?」と反論。http://news.mynavi.jp/news/2017/02/26/086/より引用

 

その後も、言い合いになってしまったようで、両者納得がいかず…

司会の東野幸治も「こんなに締めにくいエンディング、久々です」「連絡は密に、ということで」とコメントして嫌な空気になってしまったようです。

しかし、最後は何だかんだ言い合いながらも、漫才のシメのように松本とウエンツは一緒に腕を組み

「ありがとうございましたー」

と、現場を笑いの渦に包んだんだとか。

こうやって松本の話も聞いて、ウエンツの話も聞くとかなりのすれ違いが起きているのが分かりますよね?

松本は「電話で連絡して、その後、何も連絡しないのは失礼だ」って思っていて、

ウエンツは「何度も電話するのは、失礼だ」って思っています。

このワイドナショーでの出来事の時に、松本はウエンツのことを「ゆとり?」とも言っていたようですが、これは、世代云々の問題じゃなくて、お互いの価値観がすれ違って起こってしまっています

今、本当にこういうすれ違いって多くなってきていますよね?

年齢が5歳くらい離れている人と話していると、本当に考え方も捉え方も全く違うんだな!と感じることが最近、多くなりました。

 

最後に

 

 

 


 

 

今回は、ダウンタウンなうで松本人志がウエンツ瑛士に説教?野村周平も一喝?ということでお話してきました。

松本がウエンツに怒っていたのは、自分から電話をしてきておいて、何の連絡もしないのはおかしいという内容でした。

これに対して、ダウンタウンなうに出演していた野村も賛同

ウエンツに「ちゃんとした方がいい」と一喝!

さらに調べてみると、このエピソードに関して、松本とウエンツが直接、話をした記事を発見!

ウエンツの言い分を聞いてみると

「何度も電話をする方が、よっぽど失礼だ」

ということでした。

松ちゃんはとても忙しい!これは、私達にも分かりますよね?

これをウエンツは知っていて、何度も連絡をするのは失礼だって思ったんですよね。

ウエンツは松ちゃんの事を思い、連絡を取らなかった。

しかし、松ちゃんは何だかんだ言って、ウエンツにしっかり連絡をしています。

松ちゃんもウエンツの事を思って、きちんと連絡をしている。

これって、お互いにお互いの事を思っているのに起こってしまったすれ違いですよね?

じゃ、すれ違いが起きないようにするにはどうしたら良かったのか?

ウエンツは最初に松本から連絡が来た時点で「何度も連絡をすると失礼なので、返信しません」ってメールに書かなきゃいけなかった。

そして、松本は「普通、電話したら、その後、どんな内容だったのか言わなきゃダメだよ」って伝えなきゃいけないかった。

しかも、今回のエピソードはメールで起こってしまった話でした。メールだと本当に言葉足らずになってしまうと、私は日々思っています。

言葉って、伝えるのが本当に難しくて、相手に自分の気持を伝えるってメールでは無理だと思っています。

あ、業務連絡とかは別ですよ!

文字で伝えると、書いてる人が「ここが重要なところよ」って思っていても、読んでる人は「こっちが重要なのかな?」とすれ違いが起こってしまうことってありますよね。

松ちゃんとウエンツのようなすれ違いが起こらないためにも、大事なことは、直接はなすか、電話で話す!これが一番いい方法だと思おっています。

アナタも、気持ちを伝える時は、直接話すか電話で話すと、上手く伝わるかもしれませんよ!ぜひ、試してみて下さいね!

ではでは今日はこの辺で~!

 

 

 

 
スポンサードリンク


&nbsp
 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 


 - テレビ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。