いつ恋のネタバレ!佐引(さびき)の対応が鬼過ぎ?2話の感想も!

この記事は5分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 
 

第1話に引き続き、第2話のネタバレと感想を書いていきます。1話のラストは音の前から消えてしまった連。一体、どこに行ってしまったのか。そして、連は会社では上司である佐引(さびき)からひどい仕打ちを受けているんです。もう、ブラック過ぎて見てられない。でも、連は負けずにがんばってますよ。

 

 

第2話のあらすじ

knowledge-1052010_640

音(有村架純)が東京に来てから1年が過ぎた。雪が谷大塚駅から徒歩20分の古いアパートを借りた音は、介護施設『春寿の杜』で働き始める。出勤前と帰宅途中、音は駅前に立って練(高良健吾)を探していたが、あの日以来、一度も会えずにいた。

練は、出勤前にひとり暮らしの静恵(八千草薫)の家に立ち寄るのが日課だった。静恵の家は練や晴太(坂口健太郎)らのたまり場になっており、練は庭の手入れなどを手伝っていた。そこで練は、デザイナーになる夢を叶えるために上京してきた幼なじみの小夏(森川葵)を晴太に紹介する。

引っ越し作業中、練たちは、荷物の中にあったビンテージのスピーカーを壊してしまう。先輩の佐引(高橋一生)がいい加減な扱いをしたせいだった。だが、柿谷運送社長の嘉美(松田美由紀)は、スピーカーを設置した練にその弁償を命じる。

音は、毎日ヘトヘトになるまで働いていた。早番だった日に、同僚の玲美(永野芽郁)の代役でそのまま遅番として働く日もあった。そんな折、音の前に、『春寿の杜』を経営しているグループ企業の御曹司・朝陽(西島隆弘)が現れる。朝陽は、音に興味を抱き…。

http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/story/index02.htmlより引用

 

連に会えずにいる音。果たして連は現れるのか。

会社の上司の佐引の執拗なパワハラが発覚。連が追い込まれる悲劇とは。

そして、音には新たな恋の予感?今度は御曹司が現れます。音はどんな答えをだすのか。

早速、ネタバレしていきます。

 

第2話のネタバレと感想

 

 

小夏嫌いのキーワードが勃発!

静恵ばあちゃんの家に集まった連と小夏、晴太。連は出勤の為、静恵ばあちゃんの家を後にします。そこについてきたのは小夏。

「私も出るー!」と連の後を追います。

かわいらしいですね。小夏。と思っていたらそれどころじゃない事態が発生!

小夏、いきなり連におんぶするんです。これに視聴者の怒りが爆発。

みなさん、連に馴れ馴れしくしているのが、どうにも気に食わないご様子。

確かに。第1話で連が音の前から急に姿を消したのは小夏のせいですからね。みなさんのご立腹ぶりも分かります。しかも、かわいい顔して無邪気に連が好きなんですよね。しかも幼なじみだから、馴れ馴れしいのが当たり前。っていう空気を出したかったのでは?と思うのは私だけでしょうか。

ちょっと腹立つキャラだけど憎めない。という絶妙な空気を出しているのは小夏を演じている森川葵さんの演技力があるから。嫌われてなんぼな訳ですよ。嫌われてもいいじゃない。ライバル役だもの!

なので、森川さんにはこれからもドラマを盛り上げていってほしいですね。

 

佐引(さびき)の鬼対応が怖すぎ。

かなりの虚言癖のある連の上司の佐引。今回は、小室哲哉のブレーンだと言い始める始末。小室のブレーンって。今、小室って微妙じゃない?まぁ、有名だけどさぁ。

やっぱり微妙。岩手のまめぶぐらい微妙。まめぶ食べた事ありますか?本当に甘いんだか、しょっぱいんだか、なんだかかんだか分かんない味なんですよ。そのぐらい小室って微妙。

そんな虚言癖がある佐引。ヴィンテージのスピーカーを逆さまにしちゃって壊します。その全責任を連に負わせます。

ヴィンテージスピーカーのお値段。なんと20万円也。

しかも、それを弁償しろと社長に言われる始末。

鬼めー!佐引!

だーれも連の事、助けてくれる人居ないんですよ。この会社。

ブラック、ブラック、ブラック企業。真っ黒けです。まっくろくろすけより真っ黒。連も保障は無いんですか?って社長に食い下がったけど、全然聞いてないの。あの社長。連が壊したから、連が払えと。佐引は自分が壊したのに、俺は小室のブレーンだぜ!っていってるし。もう、ダメだ。この会社。

こんな会社辞めてやるよ!

と私なら速攻で言ってしまいそうですが連には「じいちゃんの畑を取戻すんだい!」という目標がありますからね。ここはグッと抑えますが、この20万どうすんじゃい。

 

ヴィンテージスピーカー弁償。どうする連。

やっぱりスピーカーの弁償に納得いかない連。もう一回、佐引に言うんです。

「あれは佐引さんが・・・。」って。

でも、聞いちゃいないんです。で、ここでちゃちゃを入れる人物が登場!

加持。

誰?って思いましたよね。あらすじには出てきませんが、佐引の後ろをくっついて歩いている人物。

お前、佐引さんが仕事サボってるっていいたいの?お前、佐引さんの事バカにしてんの?なんのー、かんのー。って言い出すんです。あおらないでー。佐引さんをー。鬼2。

で、佐引もカチンと来た訳ですよ。

「腕立て300回したら、俺が弁償してやるよ。」ですって。

やるしかないですよね。だって、連は返せないんですもん。20万円も。自分の生活だけでいっぱいいっぱいですからね。そりゃー、出来ないけどやりますよ。がんばってやりましたよ。もう、腕とかプルプル。足はガクガク。もう連が限界だよー。

って所に、大ボス登場。そう、社長です。

そしたら、社長から思わぬ言葉が。

「連、もうお金払わなくていいんだよ。もう、返してもらったから。」

スピーカーの代金を払ったのは、木穂子でした。んー、あー、なんかムズムズしますね。分かりますよ。彼氏の為に、お金を返す。でも、連には内緒で。連の気持ちになるとしんどいんですけど。事は丸く収まったけど、やっぱりムズムズする。

で、この後、連は木穂子にお礼を言う為に会う約束をするんです。

 

30円で涙の訳

木穂子と会ったのは超高そうな喫茶店?レストラン?まぁ、どこもかしこも高級な訳ですよ。木穂子は連に勝手な事をしたと謝ります。連は素直に木穂子に「ありがとう」と伝えます。で、ごめんね、仕事中だったでしょ?とお会計をお願いするんです。

さて、ハンカチの準備はよろしいでしょうか。

ウエイターを呼ぶ連。会計を見てびっくり。コーヒー2杯で2310円也。

高くない?コーヒー、高くない?私、コーヒー飲まないんですけどね。でも、スタバぐらい知ってますよ。前を通りすぎるだけですけどね。こんなびっくりする値段で無い事は知ってますよ。えー、知ってます。

連は千円札を一枚取り出します。足りない。次に小銭を数え始めます。100円、200円、300円・・・。足りない。

「ごめん、きほちゃん。30円貸してくれますか?」

あーーー。30円足りない。

そして、木穂子は自分の財布を取り出す。30円がありません。そして、1000円札もありません。あるのは1万円札ばかり。

木穂子、こっそり隠すように伝票に挟むんです。1万円札。

しかも、ウエイターさん。ずっとこのやり取り見てますからね。

で、最後に木穂子が「ごちそうさま」と言いながら、連の払ったお金を財布にしまうんです。

くーーー。20万円も払ってもらったのに。またお金が足りず、木穂子に払ってもらってしまいました。男として、辛いですよね。連。もうここで涙腺崩壊です。

また、しんどい。何にも悪くない。もう、誰も悪くないのに苦しい。もう、コーヒーが憎い。コーヒーが高いから悪いんじゃー!

どこにぶつけていいのか分からない怒りが、沸々とわいて来ますね。

連について、ばっかり書いていましたがもう一人、鬼がいるんです。これ以上、鬼がいたら世間を渡れないよー。っとなりそうですが別の場所にも鬼が。本当に鬼だらけなんです。

 

もう一人の鬼現る

もう一人の鬼は、音が働いている老人ホームの所長の神戸。鬼神戸。

この神戸が鬼に変わるのは、音と一緒に入社した船川が出社しない事から始まるのです。船川が出社せずに、人手が足りない状態。全然、船川は出社しないんですよ。待てども、待てども船川は来ない。音の勤務時間は24時間に届く勢い。

ふらふらで倒れそうな音。

そんな音に、鬼の神戸が近づきます。

「負けないで、もう少し。最後まで走り抜けてー。」はい。一人アカペラが始まりました。いや、走り抜けてー。じゃ無くて、家に帰してあげなさいよ。音を。こちらもブラック、ブラック、ブラック。真っ黒ですね。

でも、このブラックな会社に空気を変える人物が現れます。

音の老人ホームを取り仕切る社長の息子の朝陽です。超お金持ちの御曹司さんですよ。朝陽は音を好きになってしまった様で。何度も食事に誘いますが、一向に首を立てに振らない音。それでも、朝陽は諦める気配を見せません。

朝陽は音の救世主になれるのか。乞うご期待!

そして、ずいぶんブラック、ブラックを書き込んできましたが、ここからはちょっとピュアな気持ちでご覧下さい。

 

犬!犬!犬!

 

 
スポンサードリンク


 

連が少し前から気にかけている犬がいるんです。いつも鳴いてて、しかも腹ペコ。アパートの外につながれているんです。犬種は柴。かわいそうで連は時々寄っているんです。

いつもの様に、犬に会いに行くと飼い主と出会います。飼い主は新しい犬を飼い、もう必要がなくなった柴ワンコを家から追い出してしまったんです。

で、ここからこの飼い主(若い女の人です)。おっそろしい事をしてくれます。柴ワンコをフェンスに繋ぎ、そのまま置いていってしまうんです。それに気がついた連は、町中を走り柴ワンコを探します。

さて、柴ワンコがどこに行ったのかというと。

実は音が犬の声を聞きつけて、助けていたんです。しかーし、もう音は体力の限界です。結局、あの後も働かされて48時間ぶっ通しで働いたんです。しかも、犬まで抱っこして歩き始めますが、もう無理。信号で倒れこんでしまいます。

そこへ、犬の鳴き声を聞きつけた連が登場。

二人は無事にまた会う事ができましたとさ。

 

次回は、みんなの秘密が重要なキーポイントになってくるようです。連と木穂子が一緒にいる時に、音と会ってしまったり。御曹司のはずの朝陽にはヒミツがあったり。晴太と小夏は一緒にお風呂に入っちゃったり?!

第3話も見逃せない展開になりそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。