いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのネタバレと感想!小夏現る

この記事は5分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

月9で1月から始まったドラマ「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」衝撃的な事件が起こりすぎて毎週、目が離せない!今回は、第1話のネタバレしていきます。1話目、見逃した!まだ、全然見た事ないんだけど。という方でもまだ最終回に間に合います。ぜひ、ご覧になってドラマを楽しんで下さいね。

 

 

キャスト

board-142741_1280

 

GUのCMでプレイバック!プレイバック!って歌ってた

高良健吾-役:曽田連

 

あまちゃん時代が懐かしい

有森架純-役:杉原音

 

とと姉ちゃんの撮影は順調ですか。

高畑充希-役:日向木穂子

 

元祖塩顔

坂口健太郎-役:中条晴太

 

最近、ドラマに映画に大忙し

森川葵-役:一村小夏

 

演技もダンスも歌もなーんでもこい!

AAA西島隆弘-役:井吹朝陽

 

連は両親がいない為、祖父に育てられていた。畑仕事をしながら細々と暮らしていたが、畑を騙し取られた。東京に上京して畑を取戻すぞー!と運送会社で働いてがんばってはみたものの。自分が生活していくのに一杯いっぱい。おまけに、人を疑う事を知らない連は騙されて、借金を背負わされる事もしばしば。そんな連にお金の工面をしてくれているのが、彼女の木穂子。しかし、木穂子は現在、会社の上司と不倫中。不倫の寂しさから、連と一緒にいる。お金と寂しさで二人は繋がっている。

音にも両親がいない。音は北海道にいる叔父に育てられた。音は家政婦扱いされ、虐げられて育った。辛い環境ですが、叔父が浮かれ始める事態が起こる。地元の大金持ち白井が音と結婚したいといい始めたのだ。しかし、音は好きでもない白井とは結婚したくないと叔父に告げる。

 

※ここからはネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

~連と音の出会い~

heart-860960_640

 

東京の連と、北海道にいる音がどうやって出会ったのか?

キーは連の友達っていうか悪友の微妙な位置にいる晴太が握っていました。北海道旅行から帰って来た晴太は連の家に転がり込んできます。

連は晴太の荷物に女性もののバックを発見!晴太に問いただすと旅費がなくなり、拝借した、とひょうひょうとした態度の晴太。連のまずいだろっていう雰囲気はお構いなし。

そして、連がバックの中身を確認すると1通の手紙が。病気の母親が生前に娘に宛てた手紙が入っていました。

 

これ絶対ここにあっちゃダメなやつじゃん!

 

と連は、北海道まで手紙を届けにいくんです。会社のトラックで。郵送でもいいんじゃないの?電車の方が良くない?とかは無しで、お願いします。

 

この後、トラック大活躍するんで。

 

北海道の音と東京の連の出会いでした。

 

~泥棒じゃないです~

comfort-536896_640

音のお母さんの手紙を届ける為に北海道まで来た連。どう考えても怪しい連の行動に不信感を持つ音。泥棒扱いですよ。

そりゃね。東京から、しかも友達が持ってたバッグをわざわざ届けにくるってね。昔の私みたいに、リモコンと携帯間違って持っていくぐらいあり得ないですよ。

 

連「泥棒じゃないです。」

 

いや、あり得ないよ連。この時代にそのクソ真面目。でも音はこの人マジだ。って気がつくんですね。で、なんだかホッコリした雰囲気に!これで恋に落ちちゃうの?と期待しますが、そんなに簡単ではなのがこのドラマの面白いところなんです。

 

~叔父さんが残念すぎる~

 

 
スポンサードリンク


 

連といい感じになった音。このまま連と恋に落ちて、っていう展開を待ってたんですがね。一つ、重要な事を忘れてました。音には婚約者がいます。超お金持ちの。

お金持ちのお嫁になるってんで、音の叔父さん万々歳ですよ。玉の輿~、玉の輿~って画面に映るたびに歌が聞こえてきそうなくらい浮かれちゃってるんですよ。

自分が結婚するわけでもないのに

 

「オレがお金持ちになっちゃったぜ!」みたいな。超有頂天。

 

でも、この後、有頂天叔父さんが打ちのめされる事件が起きちゃいます。

 

有頂天叔父さんの奥さん、音の叔母さんね。叔母は病気で介護が必要な状態。そんな叔母の容態が急変。こりゃ、大変だって事で病院に行くんですが、驚くことに連が病院に連れて行ってくれる展開に。で、お礼にって事でトラックで一緒に音は連をファミレスに誘うんです。

 

ね、トラック重要でしょ。

 

そ・れ・を偶然、見ていたのが、なんと婚約者だから驚き。

people-163906_1280

 

婚約者「浮気じゃー、他の男の車になんて乗りやがってー、何やー、かんやー」って言ったんでしょうね。たぶん。

この現場を押さえられて、婚約は解消。

 

有頂天叔父さん、まさかの転落人生ましぐら。金持ち人生が破綻。もう、今どん底。まぁ、音を散々こき使っておいて、お金持ちになろうなんてそうは問屋が卸しませんよ。

マジで神様っているかも。って思いましたね。このシーンを見て。

お金持ちだけど幸せの無い結婚生活と、お金ないけど自由のある生活。究極の選択。だけど、神様はきっと音に自由をあげたかったんだね。

有頂天叔父さんが落胆叔父さんに豹変する場面でした。

で、豹変した叔父さんがここから信じられない行動に出るんです。

 

~叔父さん怒りで壊れる~

big-bang-422305_1280
お金持ちの夢が失われて叔父さんは、音の一番大事なもの奪います。

 

それは、音の母親の遺骨。

 

小さい頃に母親を亡くした音の大切な大切なものなんです。唯一の音の心の支えだったんです。

叔父さん何を血迷ったのか、大事な遺骨をトイレに流してしまいます。

 

やっちゃったよ。叔父さん。一番いけない事しちゃったよ。

 

もう、ブッチーーーンって。仲間に辛い思いをさせる悪い奴をぶっ飛ばすルフィーぐらい怖い顔になっちゃったよね。ここで。本当にゴムみたいに手が伸びて、テレビの中の叔父さんの顔に届けばいいのにって思っちゃったよね。

 

で、こんなモヤモヤな思いを一掃してくれる救世主が現れるんです。

 

そう、もう一人ここにいた人物。叔母さんです。自力では立てない叔母さんが、

「音、逃げなさい」

って言って、音を逃がす為に叔父さんを押さえ込むんです。柔道さながらの押さえ込みが決まるんです。

 

おばさーーーん。ありがとう。音を助けてくれて本当にありがとう。

 

音は雨の中、逃げ出します。

 

音が逃げた先に、待っていた人物は・・・。

 

~トラック~

truck-truck-963637_640

 

待っていたのは、婚約者の白井。

と、そんな訳はなくて連がちゃんと待っていましたよ。トラックで。

 

トラックから逃げている音を見つけた連。

 

連「乗れーーー!」って叫びます。

 

音が運転席に走りこんで、飛び乗るんです。連に抱えられてね。

 

そのまま、トラックは東京へ向かうのでした。

連、トラックで来て良かった。電車で来てたらね。このシーン、全然ダメだもの。白馬の王子様的なかっこよさが全然ないもん。トラックで颯爽と音を乗せる姿は、お姫様連れ去っちゃった感じだったもんね。

うん、やっぱりトラックで良かった。

 

~東京到着~

office-1121870_640

トラックに揺られて東京まで行く間に、音は母親からの手紙を読み号泣。今まで我慢してきた全てがあふれ出してしまう。

そして、叔父さんの制止を振り切り無事に東京に到着。

昔の友達が東京の居酒屋で働いているので、一度会いに行くと連に伝えます。友達に会いに行く音に、連はトラックに積んであった桃缶を一つプレゼント。

「すぐ戻ります。」と連に告げ、居酒屋を探しながら歩く音。

音の帰りを待つ連。

その時「れーーーん!」と女性の声が。

小夏現る

大きな荷物を抱えた小夏は、連に抱きつきます。

そして、音が戻ると、連は愚か、トラックごといなくなってしまったのでした。それから、1年。音は連と出会う事はありませんでした。

 

ツッコミどころ満載の第1話のラスト。

小夏が現れてからは、何が起きたのかは触れられなかったんですよね。連は優しいですからね。小夏が突然現れて、急用があるの!なんて言われたら、そりゃー大変だ!ってお得意のトラックで送っていっちゃうかもしれないですしね。

 

音の事待ってんの忘れちゃったのかな。

 

なんて、のんきな事、言ってられないのが音。東京のど真ん中に置いてきぼり。財布も無けりゃ~、携帯も無い。こんな状態でよく置いていきやがったなこのヤロー!と音はなりません。音は連の事、好きだから。

小夏が現れた事で、順調にいきかけていた恋は絶望的になってしまいました。

 

恐るべし小夏パワー

 

続きはどうなる?次回は第2話のネタバレと感想を書いていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。