コウノドリのドラマ続編のロケ撮影場所は隠岐の島町!観光は出来るの?

      2017/10/28

 

2017年の10月13日金曜日よる10時からスタートのドラマ「コウノドリ」

2015年の放送を見たのですが、どの回も涙・涙・涙で翌日はまぶたが腫れていたのを覚えています。

 

さて、そんなコウノドリが帰ってくるとのことで、どんな内容になっているのかな?っとHPを見てみると主演の綾野剛さんと佐々木蔵之介さんの海岸での写真が数枚載っていました!

 

なんで海?

 

よくよく文章を読んでみると、今回のロケ地となる撮影場所は、島根県にある隠岐の島町というところなんだそう。

しかも、ローソク島とも呼ばれているようで。ローソクみたいな形?ローソク生産日本一?との疑問がチラホラ…

 

  
スポンサードリンク


 

そこで、今回は島根県隠岐の島町。別名「ローソク島」とは一体、どんなところなのか?そして、観光は出来るのかどうかを調査していきます!

 

 

コウノドリのドラマ続編のロケ撮影場所は隠岐の島町!

 

 

コウノドリのロケ地である隠岐の島町。

一体、どんなところなんでしょう?

 

 

隠岐の島町。

聞いたことありますか?

 

私は無いので、まずは、場所がどのへんなのかを見てみます!

場所はここ↓

 

島根県からけっこう離れてるんですね!

隠岐の島町は、島根県から北へ50キロ。日本海に囲まれているため、島独自の自然や歴史がある島なんですって!

 

 

THE島!という感じで、

 

ワクワクしますね^^

 

その雄大な自然がこちら!

 

 

ジブリぽいニオイがプンプンします^^

もののけ?絶対にもののけたちが島を守ってそうな雰囲気が漂っています。

 

お前にサンが救えるか!!!

 

と、今にも山犬の叫びが聞こえてきそうです。

 

 

さて、そんなもののけ感満点な隠岐の島町。観光は出来るのでしょうか?

 

 

隠岐の島町は観光できるの?

 

 

隠岐の島町。

 

観光は

 

出来ます!

 

現在は、観光客が年間で20万人ほどが隠岐の島町の大自然を楽しんでいるようです。

年々、減少傾向にあるようですが、逆に言うと!

 

混雑してなくていいですよね。

 

さて、そんな隠岐の島町を調べてみると必ずと言っていいほど出てくるキーワードが

 

ローソク島

ローソク島とは

 

隠岐の島町は、手付かずの自然とダイナミックな海が人気の島で、 島の北西部にそびえ立つローソク島は、ローソクの形をした岩に夕日が重なり、まるで1本のローソクに火を灯したように見える、奇跡の瞬間と呼ばれる絶景で知られている。http://realsound.jp/movie/2017/09/post-107302.htmlより引用

 

隠岐の島町とは別に、北西部に「ローソク島」という島があるようですね!

 

奇跡の瞬間なんてどんな絶景なのか?

 

気になったので調べてみると!

 

昼間はこんな感じ

 


確かに、ローソクに見えるけど。

それ以前に、なんでこんな形になったのかの方が気になる…

 

どうやら、500万年前に火山がここでドッカーンと噴火して出来たそうな~。

自然の力って改めてすごいな!と思うしか無いんですが、本当にすごいとしか言いようがない!

 

さて、そんなローソク島。

実は、形がローソクみたいなだけでローソク島って呼ばれているんじゃないんです。

 

 

先ほどの写真が夕方になると…

 


えらいこっちゃ~!

 

もうレベルが神を越えてる!

なんの言葉もいらない。

この絶景!

 

実際に目の前で見れたら、人生観変わっちゃいそうですよね。

 

ローソク島が、生で見たい!!

ローソク島に行ってみたい!!

 

旅行と言えば、まず!アクセス方法を知らないとはじまらないですよね?

ということで、ローソク島のある隠岐の島町まではどんなアクセス方法があるのでしょうか。

 

隠岐の島町までのアクセス方法は?

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

隠岐の島町は島根県の北に位置しているので、まずは島根を目指して。

「島」ってくらいだから、フェリーなんかで到着できるのかな~と調べてみると、驚愕の事実が発覚です!

 

 

なんと!隠岐の島町には空港があるんです!

 

 

正直、ビックリを隠せません。

小さな島だし、まさか空港があるとは思いませんでした。

 

ただ、空港だけではなくて、フェリーや高速船もちゃんとあって

 

隠岐の島町まで

島根の出雲空港からだと30分

島根の港から高速船だと1時間弱、フェリーだと2時間30分

 

 

けっこう、時間のバラつきがあるので、スケジュールに合わせて選びたいところですね。

また、船が苦手な人は飛行機で行く。ゆっくり船旅を楽しみたい人はフェリーや高速船で。など、到着するまでも旅を楽しめそうですね!

 

詳しいアクセス方法はこちら

 

 

それで!

 

肝心の旅費がいくらくらいかかるのか?

 

これが決まらないことには、旅がはじまりませんよね!

 

 

島根県の出雲空港までの片道料金は、最安値で24,840円~

 

出雲空港から隠岐の島町まで飛行機で行くと片道料金は、12,550円~

 

往復すると7万円程度かかることになります。

これに、宿代、フェリー代、買い物代、食事代を加えると10万円は軽く超えそう。

 

 

 

この料金を見て思ったんですが、ツアーに申込んだほうがいいかな?というのが正直なところです。

 

2017年の10月最初の7日、8日、9日は高めの値段設定になっていて7日の料金は10万円弱と、同じくらいの値段になっています。

 

ただ、連休以外の土曜日出発だと53,800円~と、格安で隠岐の島町を楽しめます!

日程が決まっているならツアーの方がお得にですね!

 

 

 

ツアーだと、きちんとスケジュールが組まれているので、

 

無駄な時間は無いし、有名所はきちんと回れるし、バスやタクシー移動だと道に迷う心配も無し

 

という至れり尽くせりのプランが魅力!

初めて行く場所で、どこを見たらいいのかさっぱりっていう時は、とても便利ですよね。

 

後は、安いツアーだと飛行機とホテル予約だけで後はフリーの時間があったりと、自分の好きなところに好きなだけ居られるのもいいですよね^^

 

 

あ~。ローソク島の絶景見てみたいな^^

 

 

 
スポンサードリンク


 

 


 - コウノドリ2, ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。