君の膵臓をたべたいは実話とフィクションどっち?モデルはいる?

この記事は5分で読めます

 

2016年にYahoo!検索大賞で年間ベストセラー第1位を受賞した「君の膵臓をたべたい」

さっそく原作を読んだんですが、もちろん病気もですが、1つづつの会話や読んでいて浮かんでくる風景があまりにリアルでした。

さて、そこで気になったのが「君の膵臓をたべたい」は実写なのか?それともフィクションなのか?ってところです。

 

  
スポンサードリンク


 

果たして、この物語は実写なのか、フィクションなのか?今回は調べていきます!

 

君の膵臓をたべたいとは?

 

 

 

 

冒頭でもお話しましたが、年間ベストセラーで第1位になった「君の膵臓をたべたい」

2017年の夏には実写映画化が決定しました!

わーーーい!

ということで、映画化が決定するほどの大人気作品になっています。

さて、こんなすごい作品!一体、どんな人が書いているんでしょう。

君の膵臓をたべたいの作者はなんと、これがデビュー作になる住野よるさんという方の作品。

初のデビュー作が、映画実写化なんて本当にすごい!ですよね。

さて、

物語はというと

友達もいない。だれとも話もしないいつも一人の高校生の「僕」

他の人となるだけ関わらないように生きてきた「僕」に、ある日。ある人と関わらなくてはいけなくなってしまう出来事が起こります。

それは、盲腸になってしまった「僕」が手術の術後経過で病院を訪れた時でした。

待合室のイスに、300ページほどの文庫本を見つけます。

しかし、その本のタイトルには

「共病日記」

と書かれていて、しかもマジックの手書きで。

本じゃない?と察した僕ですが、小説を読むのが唯一の趣味の「僕」は中身を読まずにはいられなかった。

そして、ページをめくると…。

膵臓の病気になってしまって、余命はあと数年だということ。

家族以外のだれにもいわないこと。

そして、現代の医療では治療法がないこと。

が書かれていたんです。

衝撃的な内容に驚いた「僕」は、「あの…」と声を書けてきた女の子を見てさらに驚くことに!

なんと声を書けてきた女の子は、クラスメイトの山内 桜良(やまうちさくら)だったんです!

そして、彼女はこの本は自分が書いたものだと告白します。

えーーー!

桜良の性格は、よく笑って友達に囲まれるような人気者なんです。

「僕」とは正反対の人物です。

さて、正反対の2人の出会い…。

そして、ここから清純な恋が…。と思いましたが、そうでもないんです

正反対の2人なんで、ボケをボケで返す!ツッコみが入ったら、もっとツッコミを入れる!みたいな、会話が続きます!

お笑いコンビになったら絶対におもしろいよ!この2人!と思っちゃうほどおもしろい2人です。

でも物語が進むにつれて、ただのおもしろい2人ではなく、徐々にお互いの足りない部分を補いながら、どんどん成長していくんです…。

そして、互いに惹かれ合い、互いを強く求めていくようになっていくんです。

おー!いいよ!なんか、「僕」もちゃんと他の人と触れ合えるようになってきたぞー!

と、喜んでいたのもつかの間!

ある日。度肝を抜かれる事が起こるんです!

これ以上言うと、結末のネタバレになってしまうのでこれ以上は伏せますが、本当に信じられないことが起こってしまいます。

なにーーー!」と声をあげて叫んでしまうほどの衝撃です!!

その後、どうなったかはぜひ、原作かマンガ本、映画やネタバレなどでご覧ください!

ここからが本当にいいところなんですー!

という内容になっています。

さて、こんなお話の「君の膵臓をたべたい」

「病気 ヒロイン」というキーワードを見ると、実写なのかフィクションなのか。気になりますよね?

ということで、「君の膵臓をたべたい」はどっちなんだい!ということで調べてみました!

 

君の膵臓をたべたいは実写?フィクション?どっち?

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

「君の膵臓をたべたい」

これは実話なのか、フィクションなのか?

どっちなのか気になったので、調べてみました!

冒頭で「Yahoo!検索大賞第1位」とお伝えしましたよね?

私の見ている資料には、そこに小さくこう書いてありました!

【単行本フィクション部門】と!

おーーー!超リアルな会話や、情景が浮かんできたので、てっきり実話なのかと思っていたら、フィクション作品でした。

なるほど、フィクションね…。

でも、モデルになった何かはあるかもしれないですよね?

ということで、モデルになったものはないのか調べてみました!

 

モデルになったのは?


何かモデルになったものがあるのかも!

ということで、作者の住野よるさんについて見ていきましょう!

住野よるさん。

生年月日は不明とのことでしたが、どうやら以前にTwitterで

男性で26歳

だとつぶやいていたようです。

ほうほう!26歳ですか!

それよりも、男性ってのがびっくりしたー。てっきり女性が書いた作品だと思って読んでいたので^^;

さて、作者の住野よるさんは男性とのこと。

さらにTwitterを覗いてみると

「お腹すいて家に何もないけど、外には出たくない。」との書き込みを発見です!

これって、」に似てますよね?

僕は小説ばっかり読んで、休日も小説を読んでほとんどを家で過ごしていた人物です。

実際に小説の中にも「僕」は出不精という言葉が出てきたので、なんだか似ていますね!

おそらく、「僕」のモデルは作者の住野よるさんではないでしょうか!

でも、ご本人は読書家ではないようで、昔は年間に20冊程度しか本は読んでいなかったんだとか…。

しかも本を読むのが遅いんだそうですよ。

ということは、もしかしたら、「僕」には「もっと早くいっぱい本が読みたいー!」願望も入っているのかもしれませんね!

さて、では桜良のモデルになる人物はいるのかな~と探してみました!

また、住野よるさんのお話になるんですが、どうやら好物は「パピコ」なんだそう。

しかも、大人の濃い苺がお気に入りなんだとか!

男性なのに甘いもの好き!

甘いものといえば、スイーツパラダイスで桜良はケーキをたくさん食べていました。しかもここのショートケーキが美味しいの!って言ってましたし。

ショートケーキといえば、いちご!いちごといえば大人の濃いいちご!

となんだかつながってしまいますね!もしかして、桜良のモデルも住野よるさん?!

これは妄想しすぎかもしれませんが^^;

さらに、別の小説のインタビュー記事では

小生意気な女の子が好き

と話されていたようです。

小生意気?なんだか桜良に当てはまる言葉だと思いませんか?

本当は素直に言いたいのに、ついつい生意気なことを言ってしまう桜良。

さて、もしかして、桜良は住野よるさんの理想の人物なのかなと思い始めたところで、決定的な言葉を見つけました!

小説の中に、桜良が唯一持っていた本

それは星の王子様だって文章が出てきました。

実は、住野よるさんの一番最初に買ってもらった本は星の王子様だったんですって!

ってマジかーーー!

ということは…

桜良は、住野よるさんの理想の女の子であって、ところどころは住野さん自身の経験談も入っているという展開になってきました!

まとめると!

「僕」のモデルは住野よるさん。

桜良のモデルは住野よるさん自身でもあるし、理想の女の子でもある。

病気とかそこら辺は、別のモデルがいるかもしれませんが、基本的な性格や人柄については、住野よるさんが自身がメインになっているのではないでしょうか?

実際に、モデルになったような内容の記事は見つけられなかったので、想像になってしまいますが、なんだか住野よるさんの人柄が知れて、より「君の膵臓をたべたい」が好きになってしまいました^^

 

最後に

 

 

 

 

今回は、住野よるさんの作品「君の膵臓をたべたい」が、実話なのかフィクションなのか?について見てきました。

君の膵臓をたべたいはフィクションでした。

でも、モデルになった人物はいるのでは?と思い探したところ…。

主人公の「僕」も、ヒロインの桜良も軸は住野よるさんがモデルである!という結論にたどり着きました!

桜良に関しては、ちょっと理想の女の子も見え隠れしていましたね!

今回、住野よるの色んなインタビューを見させていただいて、まだ一度しか作品を読んでいませんが、もう一度読みたい気分になりました!

ただ、インタビューの中で住野よるさんはこうも言っていたんです。

「数年後にも読んでもらえるような作品になってほしい」と。

この言葉を読んで、あーーー!ってなりました!

いろんな考えとか、経験とかを積んでから再度読み返したら、もっと違う発見が出来るし、昔の自分も思い出せる!

とステキな経験が出来るはずです!

とりあえず、もう一回作品を読んで、頭に叩き込みたいと思います。

数年後に読み返したら、どんな作品に感じるのか、今からワクワクしてしまいます!

ではでは今日はこの辺で~!

 

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。