キッチンにDIYで収納棚を!図面を書いてイメージを膨らませよう!

この記事は4分で読めます

 

どうも。こけももです。

キッチンの収納って市販のものだと使いにくい物が多くないですか?

持ってる食器や家電に合わなかったり、家族が増えてどんどん食器が増えてしまったり。収納場所に困ることって多いですよね。

 

収納棚を買い換えればいいのですが、すぐに買い替えるのは難しい。

さて、そんな時に役立つのがDIY!

今の収納に手を加えたり、ちょっとしたスペースにも自分の思った通りに収納を作れるので、「ここにこの位の棚が欲しい」っていう、かゆいところに手が届くが実現できちゃう方法です。

 

色んなサイトを見ていると、初めてだと難しい!とか、大変そう…と取り掛かるのが大変そうに思えますが、まったくそんなことは無く準備さえしっかりすれば、女性一人でも簡単に作れてしまいます!

 

 

  
スポンサードリンク


 

 

ということで、今回はキッチンに収納棚を作る前の準備として重要な「図面」を準備していきたいと思います。面倒そうですが覚えてしまえば本当にかんたん!

書きながら、色んなイメージが浮かんでくるので、思わぬ収納の仕方があるのが発見できたりもするので、ぜひ、図面を書いてイメージをどんどん膨らませて行きましょう!

 

キッチンにDIYで手作り棚を!

 

 

前回の記事では、キッチンの収納棚をDIYする前にやるべきことを3つ紹介しています!

DIYを簡単に進めるために必要な作業になるので、ぜひ、見てみて下さいね!

 

 

 

色んなサイトを見ていると、これは私のキッチンの収納でも使えるかも!というアイディアがたくさん見つかると思います。

そこから自分に合った収納を組み合わせていくと、自分サイズの収納が完成します。

 

さて、自分サイズの収納を完成するためには、完成までの道標となる

 

「図面」

 

が、必要になってきます。

 

図面は、料理のレシピのようなものです!

初めて作る料理のレシピが無いと失敗してしまうように、DIYもレシピとなる図面が無いとやっぱり失敗してしまうんですね。

そのくらい図面って重要なんです。

 

 

では、どうやって図面を書いていけばいいのかを紹介していきますね!

 

キッチン棚の図面を書こう!

 

 

 
スポンサードリンク


 

これから、図面を書いていくのですが、私は主婦なのでDIYに丸一日、時間をかけました!っていう大作を作ることは出来ません。

子供が学校に行っている間とか、隙間の時間を見つけてやれる範囲で、

 

ゆる~くDIYをやることをモットーとしています。

 

なので、図面や作り方も自己流になっています。

 

もし、しっかりした設計をしたい!という方は、他のサイトを見ていただいた方が勉強になりますので、他のサイトを見ることをオススメします。

 

 

 

では、図面を書いていきますがイメージが決まっていないとなかなか進まないかと思うので、まずは自分がどんな条件でキッチンの棚を作りたいのかを決めます。

 

私は

 

  • 背が低いので高い位置の収納はあまりいらない
  • 対面のカウンターの幅が狭いから収納棚に作業を出来るスペースが欲しい
  • 今ある収納も活かして棚を作りたい
  • 男前なジャンクキッチンを目指したい

という条件を決めて、キッチンの棚を作ることにしました。

 

 

もし、どこに何を収納するか迷った時は、以下の図を参考にすると収納場所が決めやすいですよ!

http://simplemodern-interior.jp/knowledge/wp-content/uploads/2014/08/kitchen-strorage.pngより引用

 

 

一度の収納だったらいいのですが、キッチンの収納って毎日使うものですよね。

 

しかも家事の間に片付けもしなくちゃいけないし、「かがむ」「扉を開ける」「引き出しを開ける」「箱を一度出して収納する」という作業が自分では気が付きませんが、とても面倒な作業になってしまうんです。

 

工程が多ければ多いほど、

収納が面倒になる

キッチンが物だらけになってしまう

もう~、片付けるのメンドクサイ…

 

という悪循環が生まれてしまいます。

 

DIYでは、好きなように収納の形を決められるので、工程を考えながら置くものを決めるとより使いやすい収納を作ることができますよ!

 

 

では、イメージが固まったら図面にカンタンにでいいので、どこに何を置くのかを決めていきましょう!

 

私はこんな図面を書きました!

 

 

自己流ですが(笑)自分が分かれば問題ないので自由に書いてみましょう!

 

大体のイメージが固まったら、次はどこにどのくらいの収納が必要なのかを実際にメジャーを使って測っていきます。

メジャーは色々な種類がありますが、100均のものでもかなり活躍してくれています。

 

私は、このように収納の図面を書いてみました!

 

ここで、具体的な寸法を出していきます。

 

いつもだと、このまま作り始めるのですが、これだとよく分からないと思うので、完成イメージを書いてみました!

 

 

元からある2つのスチールラックはそのまま使い、そこにDIYで

  • スチール棚に作業台
  • 右側のスチール棚に板壁&飾り棚
  • 右側のスチール棚の下に車輪付きのL字型収納
  • 左側のスチール棚に置く収納BOXを5個

これらを使いやすいように作っていく予定です!

 

最後に、この2つのスチール棚を合体させて完成ということになります!

 

どんな収納になるのか今から楽しみです^^

 

最後に

今回は、キッチンにDIYで収納棚を作るために、図面を書いてきました。

 

まずは、最初に料理のレシピのように収納棚を作るために「図面」を書いてみましょう。

図面を書くことで、間違うことなくスムーズにDIYが進められるのでおすすめですよ^^

 

図面を書く前には、しっかりとどんなキッチンにしたいのかを書き出す。

こうすることで、より使いやすいキッチン収納棚が完成するので、ぜひ、やってみて下さい!

 

ではでは、今日はこの辺で!

 

 

 
スポンサードリンク


 

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。