科捜研の女の相馬のネタバレは?卒業回8話で殉職?

この記事は4分で読めます

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

科捜研の女の相馬役・長田成哉の卒業が発表されました。さて、相馬の卒業回となるのは第8話です。第8話のネタバレは一体、どうなっているんでしょう。

そして、ネット上でささやかれている殉職の可能性はあるんでしょうか?

今回は、科捜研の女の相馬の卒業回になる第8話のネタバレと、殉職する可能性についてお話していきますね。

 

科捜研の女の相馬の卒業回!第8話のあらすじは?

 

 

 


 

 

相馬の卒業回である第8話のあらすじはこちら

 

広場に仕掛けられていた4件目の爆弾は予想外に小規模なもので、ケガ人も出ず、榊マリコ(沢口靖子)たちはひとまずホッとする。現場に爆弾を届けたのは、犯人ではなく本物の宅配便配達員・漆原育郎(奥井隆一)で、爆弾は直接、配送センターに持ち込まれ、広場に配達するよう依頼を受けたらしい。過去3件の被害者たちは10年前に起きた爆発物処理班の班長・徳武彰彦(加藤重樹)の事故死に関係していることがわかっていたが、犯人がなぜ4人目の標的として漆原を狙ったのかつかめず、マリコたちは混乱する。
そんな中、相馬涼(長田成哉)が発見した暗号の法則から、5件目の爆弾の設置場所を突き止めたマリコたち。近くで元法務大臣・芳賀和香子(大島さと子)の講演会が行われることがわかり、土門刑事(内藤剛志)らは現場に急行するが…!?
その後、連続爆弾魔の最終標的が、なんと京都府警だと判明! マリコと相馬は決死の覚悟で爆弾解体処理に挑むことに…!?http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken16/story/08/より引用

 

第7話では、爆弾の構造を解析したり、残った証拠から暗号を見つけ出したり、相馬が大活躍した回でしたね!

「T」の文字から逆三角形の形を導き出し、そして「11」の謎まで解決してしまった相馬!がんばってますね~。

 

第8話のネタバレ予想!

 

さて、第7話から2週連続で事件解決する形になっているので、まずは第7話で事件解決の手がかりになる重要なポイントのおさらいから。

相馬の学生時代の先輩である柿沢。なかなかのイケメンですね。柿沢さん。

第8話のあらすじにあるようにこの事件に大きく関係しているのは、徳武彰彦警部補が亡くなってしまった10年前の事件が鍵です。

10年前の極秘練習中に、柿崎の指導役である徳武彰彦警部補は、火薬量が通常の10倍だったのと、冷凍処理中のミスにより命を落としています。

しかし、この件は「極秘」。事件の真相は語られることなく、闇の中へ葬られてしまうとう、超厄介な事件。

そして、もう一つのポイントは元法務大臣・芳賀和香子

今までの被害者との関係も出てきたし、過去に何かやらかして、犯人から恨まれたって展開かな~。

8話のあらすじにもあるように“犯人がなぜ4人目の標的として漆原を狙ったのかつかめず”な状態なんですね。

漆原は何も知らずに、荷物を運んでいただけですよね。ということは、漆原は本当に事件には関係ないんじゃないでしょうか?

犯人の最終目的は、京都府警ってことだし。もしかしたら、あの噴水を爆発させるとか、やってたイベントを中止させるためにやったとか。

もし、あの噴水を作ったのが芳賀和香子だったら、あるかもですよね。広場のイベントも芳賀和香子が絡んでいるとか。

キーポイントは芳賀和香子絡みなのは間違いなさそうです。

ん~、それと!犯人は柿沢ではないでしょうか。

10年前の一件で、柿沢は自分の師匠を亡くしているんですよね。

しかも、詳細は闇の中。柿沢は10年前の事件を調べていくうちに、京都府警と芳賀和香子が徳武彰彦警部補がハメられたことに気がついた!

そして、柿沢は10年前の事件に関わったすべての人間に鉄槌を下すことに…。という展開はどうでしょう。

いや、7話でてっきり柿沢は殉職しちゃったと思ったんですよ。でも、噴水での爆発ではけが人も無し。みんな無事だった訳ですよね。

これは、マリコたちを現場から引き離すためのフェイク。

で!その証拠に、爆弾の入ったダンボールを最後に持っていたのは柿沢です。柿沢は爆弾のスペシャリストです。どのくらいの規模ならけが人が出ないか、自分が持っていても危険じゃないかぐらいすぐに計算できますよね。怪しい~!

しかも、7話の最初でマリコの爆弾処理の手さばきには関心していました。マリコが事件の真相に近づいては自分の計画はとん挫してしまう、邪魔な存在。

ということで、柿沢が犯人ではないかと予想しています!

でもな。柿沢がはんにんだったら凹むな~。私が相馬だったら確実に人間不信に陥るレベルです。

真相は放送後に確認して下さいね!

 

さて、今回、京都府警に仕掛けられた爆弾をマリコと2人で処理するのは、我らが相馬です。

爆弾処理という危険な任務を科捜研の人間が、しかも相馬がやるなんて!しかも、卒業回なのにそんな危険なことしなくてもいいじゃない!って思いますよね。

卒業回なのに危険な任務。相馬の殉職の可能性はあるんでしょうか?

 

相馬の殉職の可能性は?

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

 

相馬は第7話で自分から辞めるって言ってますよね。

「刑事じゃないけど、科捜研の一員として科学で人を救いたい。まぁ、これがオレにとっては最後の事件になるけどね。」と、科捜研を辞めるのを匂わせたところにマリコさんが登場して、肝心なところは聞けずじまいでしたが…。

 

殉職は無いと思われます!

 

もう辞めるって決めているようですし。わざわざ殉職させる必要はないですよね。これが一番の理由です。

予告では「オレにはまだ、科捜研で人を救うなんて言葉、口にする資格、ありません」って言ってましたね~。

オレは科捜研では人を救えません。だから刑事になるんです!とか言いそうじゃないですか。でもな~。もう卒業するんだからそれは無いか。刑事だと何かと繋がっちゃいそうですしね。

オレは科捜研ではまだ、人は救えません。だから、マリコさんの手伝いを出来るように研究に力を入れたいと思います。っと、ぜんぜん関係がないところに行くという設定ならこれから合わなくても不自然じゃありませんね。

 

ただ、殉職の線も捨てきれないんですよね。

それは視聴率の問題。第7話の視聴率は12.4%と絶好調の科捜研の女ですが、さらなる視聴率アップを狙うなら、殉職させるという展開も考えられます。

でも、空気読めないながらもムードメーカーである相馬が殉職となると、科捜研の空気がドロドロになっちゃいそうなので、ぜひ、相馬は転職という形で卒業させて下さい!スタッフさん、お願いしますm(_ _)m

 

最後に

 

 

 

 

 

今回は、科捜研の女の第8話の重要な部分のネタバレと、相馬は殉職してしまうのか?というお話をしてきました。

2週に渡る大作なので、どんでん返しがあるかもしれませんが、やっぱり柿沢は犯人だと思っちゃうんですよね。相馬を一つ大人にするために、辛い試練を与える!

そんな意味でも、柿沢犯人説は外せません。

殉職に関しては、無いと思うんですよね。相棒の米沢さんも先生になっただけだったし。相馬も、きっと他の職場でKY漂わせながらも、懸命にガンバル!これが、一番いい卒業の仕方ですよね。

とにもかくにも!相馬役の長田成哉さん!科捜研の女、5年間おつかれさまでした。

これからはどんな道を歩んでいくのか。相馬ファンは見守っていきたいですね。

ではでは!今日はこの辺で。

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。