渋滞でイライラする人の性格は?子供と一緒に対策をして楽しいドライブを!

この記事は5分で読めます

 

渋滞でイライラ

見ているだけで嫌な文字ですよね。

 

家族でお盆やお正月に帰省。

久しぶりの帰省で両親も喜ぶだろうな!なんて気持ちもすっかり失せてしまう事態。それが渋滞ですよね。

 

まぁ、仕方がない…。みんなも帰省するんだし、それは渋滞もするよね。なんて思っていても運転している人はそうでもないようで。

いつもは温厚な性格の旦那なのに、なぜか運転すると人が変わったようになってしまう。という経験はないでしょうか?

 

一度、イライラが始まると車内の空気は最悪。子供たちもぐずりはじめ、全員のイライラはMAXに。

 

こんな楽しくないドライブは最悪ですよね。

 

 
 

  
スポンサードリンク


 
 

 

そこで今回は、渋滞でイライラする人の性格を分析!

イライラの原因を紹介していきます!

 

さらに、子供も楽しくドライブが出来るように一緒に対策を練る方法も紹介していきます。

 

 

渋滞でイライラする人の性格は?

 

 

 

渋滞でイライライしてしまう人の性格は、

  • 計画性を重視している人
  • 几帳面でしっかり者
  • 優しい
  • 家事や育児に協力的

こんな性格の人に、渋滞でイライラしてしまう場合が多いと思います。

 

というか、私がそうだったので^^;

 

これに当てはまる人は要注意です!

 

 

免許を取ってから通勤で運転。結婚してからは主人と交代で運転。

っと、主人に任せっきりではないので、渋滞のイライラはよ~く分かります。

 

じゃ~、性格は?というと、全然短気ではないし、まぁ主人や子供に怒りますがそこまで「ゴラァー!」みたいなことも無く…

 

本当に運転の時だけ、何やら別の人格に乗り移られたかのように

「危ねー!何しとんじゃい、ワレー!」

クラクション、ビビビーーー!

というようなね。どうしても出てしまう状態でした。

 

でも、これ!

治るんです!驚くことに!

 

私は治りました!

今は、渋滞しようが、横入りされようがまったく関係なくなったんですよね。

 

さて、私がどうやってこの「渋滞イライラ病」を治したのか!

参考になればと思うので、紹介していきますね!

 

 

渋滞イライラ病を治す方法とは?

 

 

渋滞イライラ病を治すには!

 

根本的な考え方を変える!

 

これが一番いい方法です。

 

 

 

地方で暮らしていた私が今の主人を追っかけて、いざ神奈川へ行った時の事。

もうね。

東京、神奈川の渋滞のレベルが地方のものとは違いすぎて、イライラしすぎて目的地に行くのをやめたこともあるくらいでした。

 

お盆やお正月じゃなくて、これが毎日繰り返されている。

 

「なんじゃこりゃー、都会って怖い…」

 

田舎から出来てきた小娘が、最初に都会に打ちのめされた瞬間でした(笑)

 

 

渋滞は必然なんだ!

 

という事を身をもって知ったんですね。

 

渋滞って帰省する時や、GWの行楽地だと必ず起こりますよね?

毎年、運転していればどのくらいの時間に、どのくらい混むのか大体は予想できます。

有名な所にいくなら絶対に渋滞が起こると思ってもらって間違いありません。

 

渋滞して当たり前

 

まずはこれを頭に叩き込みましょう!

 

いつもなら10分で着くのに、なんで1時間も車が動かないの?

この発想がダメなんです。イライラの元凶です。

こんなことは、微塵も考えてはいけません。

 

 

「この日のこの時間に出るって決めたのは自分なんだから、しょうがないじゃないか!」と、ドラえもんがのび太に言いそうなセリフで乗り切りましょう。

 

 

子供と一緒に対策をする方法!

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

子供と一緒にイライラ対策なんて出来るの?と思ってしまいますが、十分できます!

 

これは、私が母親で運転もする立場だから分かったことなんですが。

 

真っ先にやるべきことは

 

渋滞のシュミレーションをする

 

これが大事です。

 

ラッシュを避けたり、時間をずらして出発したりということもイライラぜずに運転する大事なポイントですが、どうしてもスケジュール的に難しい場合もありますよね!

 

そんな時はやっぱり渋滞は避けられません。

 

そんな時こそ、渋滞シュミレーションをやるチャンスです!

 

しかも、家族みんなでやると効果は絶大です!

 

運転ってものすごい孤独な作業なんです。しかも、全員の命を預かっている、事故を起こしてはいけない!っていうプレッシャーがものすごいんですよ。

 

みんな寝ちゃうと、本当に寂しいんです(;_;)

私はですが(笑)

 

事前に高速道路のマップなどで渋滞情報を確認したら、お子さんもお母さんも一緒に

 

「ここ真っ赤だね!ここを抜けるのに何分かかるでしょうか?」

「じゃ、この前にトイレと食事をしちゃおう!何か美味しいものがあるかな?」

「ここで、◯◯ゲームをしようよ」

 

などなど、何でもいいので思いつく限りみんなでクイズを出したり、想像してみたりしてください!

これだけで、運転する人も乗っている人もちゃんとみんなでドライブしていて、「一人じゃないんだ!」と運転手のイライラ感が激減します。

 

簡単にできるし、次の休憩地点についてのクイズをやって、実際に到着したら確認するのも楽しいですよ!

ぜひ、家族みんなでやってみて下さいね!

 

 

都会の渋滞から学ぶ!イライラしない方法!

 

 

 

先程、都会の渋滞に打ちのめされた話しをしましたが、都会の渋滞から学んだのはそれだけではありませんでした。

 

なんだよ、この渋滞とうんざりばかりしていましたが。

でも、そんな中。

私の中にちょっとした変化が起こります。

 

他県ナンバーの車で走っていたからか、あまりにも都会のルールを知らずに運転していたからか分かりませんが^^;

 

みんな、優しいんですよ。

 

運転が!

 

運転が荒い!と有名な県でしか運転したことが無かった私は、道を譲ってくれたり、わざわざスピードを落として車線変更させてくれる車がいる事に衝撃を受けたんです。

 

 

「あー、譲り合いってこういうことなのか!」

 

 

このことを身をもって体験してから、運転って自分だけじゃないってことを改めて実感。

 

車を運転していると、自分や家族のことで精一杯になっちゃうんですよね。運転をしている人はこんな風に考えていると思います。

 

交通ルールだけ守ればいいやと、車内のことしか考えないで運転していた。

 

これが、イライラの最大の原因でした。

 

密閉された空間だし、自分の事ばかり考えているから余計にイライラが爆発してしまうんですよね。

 

  • ◯時には△△に到着したいのに間に合わない
  • 子供がうるさくなるから
  • 運転は疲れるから
  • もう、眠い

こうやって並べると、自分勝手な発想ばっかりですよね。

でも、この自分勝手と最初に紹介した性格を見比べると裏と表なのが分かると思います!

 

  • 計画性を重視している人
  • 几帳面でしっかり者

だから、◯時に△△に到着しなくちゃいけないといイライラする

 

  • 優しい
  • 家事や育児に協力的

だから、家族の事を考えたり、子供がぐずる前に、早く目的地に着かないとイライライする。

 

先ほど紹介した「渋滞して当たり前」も大事ですが、この譲り合いの気持ちを持つのも大事です。

 

 

もしかしたら、アナタのご主人が譲ってあげたことで、譲ってもらった人も誰かを譲ってあげて、その誰かもそのまた誰かに譲ってあげて…

と、嬉しい連鎖が起こっていつかは運転している本人に帰ってくると思うんですよね。

 

プチラッキーが起こるというか、いい事をするとプチラッキーを自分で見つけることができるようになるんです。不思議なことに!

 

 

イライラしていると嫌なものしか見えませんが、この譲り合いをしていると考え方も変わるので、違う角度から物事が見れるようになるので、オススメですよ!

 

これ、普段の生活にも使えるので、ぜひご家族でやってみてください!

 

うそだよ~!

と思うかもしれませんが、みんなの意識が変わると、渋滞ドライブも楽しくなるし、家族の普段の関係も良くなるので、ぜひ、機会があったらやってみて下さいね!

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。