東京グールの作者石田スイがTwitterで清水富美加にコメント?内容は?

この記事は5分で読めます

 
 

 
スポンサードリンク


 

 

突然の引退を発表した女優の清水富美加。

そして、引退理由は「出家するため」との内容になっていて、世間を驚かせていますよね。

さらには、夏に公開予定になっている映画「東京グール」。

もうクランクアップしているんですが、この役をやったことも引退する原因になったと本人は明かしています。

そんな中、東京グールの作者である石田スイ先生が、自身のTwitterにおそらく清水富美加さんに宛てたであろうコメントが載せられていました。

今回は、どんなコメントだったのかをご紹介していきます。

 

東京グールの作者石田スイがTwitterで清水富美加にコメント?内容は?

 

 

 

 

 

 

さっそく石田スイ先生がどのようなコメントをしたのか、ご紹介したいと思います。

石田スイ先生のコメントがこちら!

 

何かトラブルが起きると、つい「どっちが正しいのか?」で判断しがちなんですけど、「どっちも正しい」こともあれば「どっちも正しくない」こともあると思ってます。https://twitter.com/sotonami?lang=jaより引用

 

このコメントを読んで。

世間に流れているニュースが、なんだかちっぽけなものに感じてしまいました。

幸福の科学が悪い?事務所が悪い?清水富美加が悪い?

一方から見たら正解だけど、反対から見たら真逆の意味に取れる。

それぞれ、一番に思っているものも違うし、ボタンの掛け違いが起こってしまった…。

そして、今回はもう修復不可能な段階まで来てしまって、引退という形を取るしかなかったんでしょうね。

石田スイ先生の言葉は、とても大きくて、本当に大きくて。

わ~ぎゃ~、わ~ぎゃ~騒いているマスコミよりも、こんなに短い文章なのにズシッとくるこの言葉

当事者だから、当たり前じゃん!とも思いますが

そんな次元じゃない!これは、世界的に起きている全ての出来事に言えることだと、私は思います。

さて、先生のこの言葉で終わりにしたいところでしたが、先生がTwitterでコメントした後に、清水富美加本人です!と言っているTwitterにもコメントが出ていたので、合わせてご紹介していきます!

彼女は一体、何を語ったんでしょう?

 

清水富美加の最新Twitterのコメント!

 

 

 

 

 

石田スイ先生がコメントした後、清水富美加さんもTwitterにコメントを上げていました。

清水富美加さんのTwitterコメントがこちら

 

力ある大人の怖い部分を見たら 夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。 そんな中ですり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった。https://twitter.com/sengen777より引用

 

そんなに酷い事務所だったんでしょうか?

清水富美加さんの事務所は、ガッキーこと新垣結衣さんも所属している、レプロエンタテインメント。

こんな大手の事務所が、そこまで酷いことをするほど、無責任な事務所だとは思えないですよね?

しかし、清水富美加さんは、この事を弁護士を通してメディアに発信したようです。

 

清水富美加の言い分は?

 

 

 

 

 

幸福の科学の弁護士を通じて、清水富美加が事務所の実態を発表。

長文なので内容をまとめると!

・東京グールの役が嫌だった

・水着の仕事は嫌だった

・一ヶ月休みなしで、給料は月給5万円。ボーナスなし

・深夜や早朝も送迎がない

との内容でした。

仕事が嫌だったら断れば済むじゃん!と思いますよね?

しかし、清水富美加さんあh断れば事務所から干されるという恐怖心があり、いやいや仕事を受けていたと言っています。

そして、この恐怖心に悩まされ、2月にはドクターストップがかかったんだとか。

これは、幸福の科学側が会見を勝手にひらいてしまったようで、レプロエンタテインメント事務所は困ってしまっているようです。

じゃ、コレに対してレプロエンタテインメント事務所側はどう反論したんでしょう?

 

レプロエンタテインメント事務所側の言い分は?

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

勝手に会見を開かれてしまった、レプロエンタテインメント側はこんな反論をしています。

・仕事を無理強いしたわけではない。嫌な様子はなかった

・東京グールに関しては、本人から積極的にやりたいと言っていた

・給料も送迎も仕事に見合ったものだった

とのこと。

仕事に関して見てみると、清水富美加さんはTwitterで“夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。 ”って言ってましたよね?

事務所の人は怖いから、バレないようにニコニコしながら、仕事を受けていたってことでしょうか。

そして、給料に関してですが、さすがに清水富美加さんほどテレビに出演しているのに、5万円ってことは信じがたいです。

これって、本当なんでしょうか

実際にレプロエンタテインメント事務所に所属している菊地亜美さんは

 

「私はレプロに所属して10年ちょいだけど、沢山お世話になってるし毎日楽しく仕事してますよ」とツイッターで感謝。「なんでこんな話になっちゃたんでしょうね」と嘆いた。http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1778185.htmlより引用

 

とコメントを自身のTwitterにあげています。

しかし、菊地亜美さんのこのコメントには、事務所から言わされているのでは?」との意見も上がっています。

というのも、レプロエンタテインメントに関しては良くないウワサが流れているからかもしれません。

ウワサの内容が

能年玲奈さんも清水富美加さんと同じような事が起こっていた過去。

そして、所属タレントに不利になるようなニュースのもみ消し。

などなど、いろいろ問題があるニュースが目立つ事務所なので、不信感を抱いている人も多くいるからでしょう。

ここまで両極端な情報が流れると、どれが本当なのか私たちには知るよしもありません。

本人にしか本当のことは分かりません。

分かりませんが、石田スイ先生の「どっちも正しいこともあれば、どちらも正しくないこともある」という、さっきの言葉を思い出してしまいますね。

 

最後に

 

 

 

 

今回は、東京グールの作者石田スイ先生がTwitterで、清水富美加に向けたと思われるコメントをご紹介してきました。

最後なので石田スイ先生の言葉をもう一度、引用させていただきます。

 

何かトラブルが起きると、つい「どっちが正しいのか?」で判断しがちなんですけど、「どっちも正しい」こともあれば「どっちも正しくない」こともあると思ってます。https://twitter.com/sotonami?lang=jaより引用

 

石田スイ先生が、清水富美加さんに向けたのか、事務所に向けたのか、それとも幸福の科学に向けたのか。

真実は分かりませんが、世の人にこの言葉は絶対に知ってほしいと思い、今回は記事にさせていただきました。

そして、今回、石田スイ先生はどんな思いで、実写映画化を考えていたんだろう?とふと疑問に思って調べてみたら、ここにも暖かい言葉が溢れていました。

こちらのサイトに詳しく載っているので、まだ読んだことが無い方はぜひ、読んでみて下さいね!

中盤からが石田スイ先生のコメントになります。

石田スイ先生がこの言葉をみんなに発信したから、実写に反対していた原作ファンの人も「よし!先生が言うなら見てみよう!」という気持ちになった方もいたはずです。

実写に反対の声が上がると、「すみません」って謝るキャストの姿を良くみますが、石田スイ先生のように、ファンと一緒に作り上げていくという気持ちが本当に嬉しいですよね。

それが、こんな形になってしまうなんて、ザンネンでならないですね。なんだか、ザンネンを通り越して、悔しさが湧き出てきてしまいました。

でも、ここで騒いでもどうにも事実は変わりません。映画も、どうなるのかは分かりません。

しかし、応援することはできますよね?

私は、応援に徹する事にします!映画が最高のものになるように!微力ながら応援していきたいと思います!

 

ではでは今日はこの辺で~!

 

 

 
 

 
スポンサードリンク


 
 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。