デスノート2016のあらすじと予告動画の感想!キャストは一切登場せず

この記事は6分で読めます

 

 
スポンサードリンク


 

デスノート2016の公開が2016年の秋に決まり、少しずつ情報が出てきました。今回は、あらすじと予告動画を見たんですが、あらすじは10年後のデスノートの話。予告動画は現在発表されているキャストは一切出ていません。一体、どんな内容なんでしょう。感想と一緒にご紹介していきます。

 

デスノート2016のあらすじの感想

knowledge-1052010_640

【関連記事】

■デスノート2016に松田桃太が出るってキャストは誰だった?

 

さっそく、公式のあらすじを見てみましょう。

 

デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。

その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた・・・。

6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.htmlより引用

 

キラ対策本部→デスノート対策本部へ変更

articulated-male-818202_1280

 

キラは最後にリュークにデスノートの名前を書かれてしまいましたらかね。キラはもういないですよね。キラ対策本部は無くなっちゃって、そこで登場したのが【デスノート対策本部】になんですね。しかも、10年もの間、デスノートを調べ続けていたっていう。デスノート事件の難解さの半端なさを伝えてくれますね。

 

10年前か。

荒川静香選手がトリノでとんでもないキメポーズで滑っていたあの頃。

た~らこ~、た~らこ~。とたらこが大群で押し寄せてくるCMをやっていたあの頃。

そうそう、粉雪もすっごい練習してたっけ。「こな~ゆき~」のところが難しかったっけ。

10年って聞くと本当に長く感じる。10年ですよ。10年。約3650日。87600時間時間。すっごい年月を過ごしてきてますね。私たち。

ものすごい時間が経ってるはずなのに、全然デスノートって古い感じがしないんですよね。今、普通に「た~らこ~」って歌ってたら周りから絶対「は?古いんだけど」って言われますよ。絶対言われる。

でも「デスノートってさ~」って話が出たら、全然古いって思わない。まぁ、今回の映画とかこの前のドラマもありますけど、これが無くてもデスノートの話題は本当に尽きないですよね。

 

やっぱ、すごいんだわ、デスノート

 

てか、松田出るのかな~。キャストはあの人のままですかね。

 

デスノート、世界にばら撒かれる

hands-1159470_640
あらすじを見ると、ロシア、ウォール街との文字が。

ついにデスノートの驚異が世界にまで拡散。世界にばら撒かれた事で竜崎登場という展開になるようですね。

竜崎は池松壮亮さんが演じますが一体、どんなキャラクターに仕上がっているんですかね。ドラマのデスノートでは散々な言われようでしたよね。ドラマのLは、中途半端に松山ケンイチさんが演じたLを入れたのが失敗の原因。そう。みんなのイメージが固まっているのに、メイクとか喋り方とか、全部が中途半端だったのがまずかった。全然、違くすれば良かったのに。

でも、今回のLを演じる池松さんはこんな事をインタビューで言ってました。

“松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。駄目だったらネットで叩いて下さい。”

 

超強気。潔すぎるこの発言凌駕するつもりでね。へ~。

 

てか凌駕って何

 

凌駕とは

ー他のものを越えてそれ以上になる事。

 

配役が決まった時点で、L越え発言。なんでしょう、このドキドキ感。まだ、始まってもいないし全然演技もみてないんですけど、この発言だけでもう十分。お腹いっぱいです。

 

池松、強っ。ものすごい強っ!

 

なまっちょろい気持ちでこの役受けてないっすから。って台詞が日本一似合う男、池松壮亮。果たして、どんな竜崎を見せてくれるのか。今からワクワクなんですけど、どうしましょ。

 

 

6冊のデスノート

pay-1036469_640

今回、この物語の肝になってるのが

“ノートは6冊”

っていうところ。

 

今までデスノートで3冊登場する場面もありましたが、それが6冊も登場するとな

 

もう、6冊もノート出てきたらこんがらがっちゃうよ

 

原作でも、デスノートがどこに行ったのか、今誰の手に渡ってるのか分からなくなって、何回も見直しまいしたよ。google先生にも何度助けてもらった事か。デスノート本当に面白いんですけど、ノートの部分だけいつもこんがらがるんですよね。

しかも、今回はドラマでもアニメでもない映画の実写版。2時間程度の時間に6冊もノート出てきたら絶対分かんなくなりそうな予感!

 

ノートに番号書いてくれませんかね。デスノート①、デスノート②、デスノート③みたいに。

 

mathematics-1044080_640
なんなら、この数字みたいに色も変えてくれると本当に分かりやすいんですが、何とかなりませんかね。監督、お願いします。

とお願いしたところで、予告動画について書いていきます。

 

予告動画の感想

 

 
スポンサードリンク


 

みなさんももうご覧になりましたでしょうか。映画デスノート2016の予告動画を。

まだの方はこちらから見れます。
デスノート公式HP
 

僕はキラなんかじゃない!信じてくれよ。」と藤原竜也さんの絶叫から始まるこの動画。思い出しますね~。本当に面白かったですよね。初代デスノート。ここまで完璧にアニメを再現してくれたのは、やっぱりL役の松山ケンイチさんの腕でしょうか。さすがアニメ実写化の神。

松山ケンイチさんと言えば、家にはテレビが無いそうな。

ゲームばっかりやってて奥さんの小雪さんが処分しちゃったそうですよ。

 

マジですか?俳優と女優の二人の家にテレビ無し?

 

いいの?他の映画とかテレビ見て勉強したりしなくていいの?もう、その必要無いくらい演技出来ちゃってるからもうテレビはいらないの。ってそんな訳無いですよね。

テレビ無しの生活。さすがに無理だな。PCとスマホあれば何とかなるか。でもやっぱりテレビ無いと寂しい(T_T)

超テレビっ子の筆者なので、きっとテレビが無かったら、寂しさに耐えられないウサギ状態。

 

easter-bunny-587920_640

 

あ~、そうえいばうちにはテレビがあるじゃない!と安心したところで動画の話しに戻ります。

 

藤原竜也さんの「チェックメイト」の台詞も入ってますね~。あの「チェックメイト」って言った後のちょっと口がニヤってする所ありますよね。早速、やってみます。

 

チェックメイト」ニヤ。

 

chess-400283_640

 

あー、これですよね。やっぱりデスノートと言えば。これこそキラの象徴という場面。しかもニヤってした時に藤原さんの八重歯に唇がちょっとかぶってるところがね。もうね、良すぎる。あ~、あたしにも八重歯生えてこないかな~。って思うくらいこのシーン好きです。

敵であるLを目の前に、完全にポーカーフェイスを装うキラ。ライトを疑うL。もう完璧。これこそデスノート!二人のにらみ合いがビビビッとしびれます。この完璧さが、何も言わずとも二人の頭脳戦を物語ってる。

 

やっぱり藤原竜也と松山ケンイチはいい!

 

ちょっとしか出てないのに存在感が半端ないですよね。ずっと見てられます。というか、ずっと見ていたい。もう一回、10年前の映画見直し確定。

 

そして、動画で出てきたデスノート2016の内容であるキーワードがダダダダーっと出てきましたね。

 

「ノートの封印」、「6冊ルール」、「夜神月、復活」、「Lの後継者」、「コンソメ味」、「真第2のキラ」、「新世界の神」、「サイバーテロ」

 

ふむふむ。今回のあらすじに関係してくるキーワードがズラズラ出てきましたね。

ノートは今、封印されてるの?それとも今回の映画で完全に封印されちゃうの?どうなるのか楽しみだな~。

6冊もノート出てくるもんね。ノートに番号つけるのよろしくお願いします。

夜神月が復活とな!?これはキラの崇拝者である紫苑の事かな。

Lの後継者はもちろん竜崎だよね。

後は、コンソメ味ね。コンソメ味。

 

えっ?コンソメ味?

 

きた。コンソメ味、きたーーー!ていうか、どこでポテチ出てくるんでしょうね。もう、ミニテレビをポテチの袋に入れる必要は無いはず。

もしかして、売上ランキング1位のうす塩味に勝てないコンソメ味のポテチを売る作戦?確かにね。あのシーン見てからコンソメ味のポテチ食べたくなったけどさ。

それとも、デスノートマニアの三島(役:東出昌大)が、コンソメ味のポテチを食べてる紫苑(役:菅田将暉)を見て、

「アイツがキラだー!」

って気がついてしまう展開?

絶対、ここに出てくるキーワードは重要なはずですよね。他のキーワードもあらすじに絡んできてるし。でも、このコンソメ味だけがどこで絡んでくるのか、分からないのが本当に楽しみ。

まず、コンソメ味のポテチの売上に貢献しながら映画公開まで待ちましょうかね。

kermit-123561_640

 

デスノートの10年後が舞台の映画デスノート2016は2016年の秋に公開予定です!

と感想を〆ようと思ったんですが、すっごい所に気がつきました。

 

東出さんも池松さんも菅田さんも予告動画に出て無くない?

 

1ミクロンも出てませんよ。みんな。ちょこっとぐらい、後ろ姿とか映しても良くない?少しぐらい出してもいいんじゃない?

と、キャストには一切触れられていませんが、デスノートですもんで。藤原竜也さんと松山ケンイチさんが出ていただけで十分伝わりますしね。始めの実写化の衝撃がすごかったもんね。今回のキャストが誰も出て無くても、大丈夫か。

 

という事で、改めて10年前のデスノートを思い出させてくれてありがとうな予告動画でした。

 

 

まとめ

person-941311_1280

【関連記事】

■デスノート2016に川栄李奈が出演?演技は下手?上手いどっち?

 

今回は、映画デスノート2016のあらすじと予告動画の感想を書いてきました。

・10年経っても色あせないデスノートはすっごい

・池松壮亮が強すぎる

・6冊のデスノートにはぜひ番号を

・チェックメイト。ニヤ。はい、ご一緒に!

・コンソメ味の売上に貢献しよう

・10年前を思い出させてくれてありがとう

以上、まとめでした。

 

【こちらもおすすめ】

■[映画]デスノート2016まとめ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 
スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。