2016年七五三のお参りはいつからいつまで?女の子の年齢の数え方は?

この記事は4分で読めます

 

 
スポンサードリンク



 

 

この前まで「暑い~」と言っていたのに、もうすっかり秋ですね。お子さんがいる秋の最大イベントと言えば「七五三」。

お参りに行ったり、お食事をしたりと色々準備が大変です!

そろそろ準備を・・・。といきたいところですが、まずは日程の確認をしていきましょう。

2016年のお参りはいつからいつまでにすればいいのでしょうか?

そして、女の子は七五三の名前の通り、7歳と3歳にお参りをするわけですが日本独特の年齢の数え方がありますよね。

今回は、その年齢についても調べていきます!

 

2016年七五三の女の子(3歳と7歳)の年齢の数え方は?

 

 

 

mathematics-1044080_640

 

 

 

 

年齢に関してですが、日本では2種類年齢を数える方法がありますよね。

数え年」と「満〇歳

一体、どっちの年齢でお参りするのが正しいんでしょう?

 

数え年と満〇歳の違いを簡単に説明すると

 

満年齢は現在の年齢であり誕生日で「年齢」を数える方法です。
数え年は「年齢+1歳」です。現在のように誕生日で歳を数えるのではなく、1月1日(2月4日)で歳を数えます。つまり生まれた時を1歳とし「正月を迎えるたびに年齢を1歳重ねるという計算方法」です。http://www.ishinoya.co.jp/first/qa/qa_other/qa_answer02.htmlより引用

 

ということは、

数え年の場合は、今、2歳の子と6歳の子が七五三をやる

満年齢の場合は、今、3歳の子と7歳の子が七五三をやる

ということになりますね。

何年生まれかはこちらをご覧下さい!

 

  数え年 満年齢
3歳 平成26年

2014年

生まれ

平成25年

2013年

生まれ

7歳 平成22年

2010年

生まれ

平成21年

2009年

生まれ

 

ということになりますね。

 

これで数え年と満年齢の違いは分かりましたね^^

しかし、どっちの年齢で行けばいいのかは分かりませんね。何か決まりはあるんでしょうか?

 

数え年と満年齢!どっちでお参りに行くの?

 

 

 

under-the-eaves-673327_640

 

 

 

昔は数え年で七五三をしていましたが、現在は満年齢で七五三をする家庭が増えているようです。

私も数年前に「数え年」にするのか「満年齢」でお参りするのか迷ったんですよ。

「昔からの数え年でお祝いしたほうがいいのか?」と、一度、子供が2歳の10月に私の小さいときに着た着物を娘に着せてみたんです。

すると

まぁ、2歳なんではじめは興味津々で静かにしていましたが、まぁ、暴れますわな。初めてのかわいい着物に、子供はテンションMAXです。

そして、やっと着物を着たかと思いきや、これから髪型もやるのか~と、この時点で親は疲労困憊状態!

大好きなアンパンマンのアニメを見せても、一向に落ち着かず・・・。終いには髪留めを壊す始末。

何とか形になり、草履を履かせて・・・。外へ出た瞬間!

 

転ぶ!

 

絶対こんな状態で、お参りなんて出来ない!と判断。

 

これをもちまして、2歳でのお参りは断念。

無事に満年齢で3歳になり、七五三をした時は2歳の時の経験があったので、余裕で七五三を迎えることが出来ました^^

なので、どちらか迷ったときには、私の経験上、満年齢でお参りするのをおすすめします。何よりも親が楽なので(笑)

3歳の七五三が満年齢だと、7歳の七五三も自然と満年齢で私の家ではお祝いしましたよ。

 

しかし、地域によっては今も「数え年」でお参りやお祝いをしているところもあるようです。

七五三のイベントとなると、自分の家庭だけでなく両親も一緒にお祝いに行くという方も多いですよね。

なので、自分の親とご主人の両親には子供が2歳の時点で

「七五三は数え年、満年齢、どっちでお参りすればいいですか?」

と、一度、聞いておいたほうがいいかもしれませんね。

 

さて、七五三は今は満年齢が一般的。地域によっては数え年の場合があるというのが分かりましたね。

満年齢、数え年。どちらかに当てはまれば次は、お参りはいつからいつまで行けばいいのか!ですよね。

さっそく、いつお参りに行けばいいのか見ていきます。

 

2016年のお参りはいつからいつまで

 
スポンサードリンク



 

 

 

昔からの慣わしで、七五三は11月15日なんだそう。

 

2016年の11月15日は火曜日になります。

 

しかし、火曜日にお参りとなるとちょっと難しい方もいらっしゃいますよね。

調べてみましたが、特にいつからいつまでにお参りに行かなくちゃダメという期間はありません。

そして、11月15日に行かなくちゃいけないという決まりもありませんでした。

なので、みなさん、10月と11月に一緒にお参りに行く人のスケジュールに合わせて行く形が多いようです。

 

しかし、一つだけ注意点があります。

特にいつまでと決まりはありませんが、10月から11月の間に行けば問題ないようです。

しかし、11月になると北日本の北海道と、東北はかなり冷え込みが厳しくなります。

私も実際、東北で11月中旬に七五三をしましたが、寒くて寒くて、娘は着物の上に厚手のコートを着て出発する始末。

七五三の着物って、生地が薄くて寒いです。

せっかくの着物もコートにすっかり隠れてしまい「キレイだね」とか「かわいいね」なんて声をかけてくれる人もまばら。

寒い寒いと早々と帰ってくることになってしまいました。

逆に、関東で10月に七五三をした時こともあったんですが、とても天候が良く気持ちのいい七五三でした。

その地域によって気温差は全く違うので、行く予定の地域の平均気温なども調べてから、いつお参りにいくのか決めたほうがいいですよ。

ちなみに、関東で七五三をしたときは平均気温が20度前後の時でした。

このくらいの気温だと、着物一枚でも元気に走り回っていましたよ。

もし、もうお参りする地区が寒い時期になってしまっている場合は、ヒートテックの下着などあらかじめ準備することをおすすめします。

 

まとめ

 

 

 

heart-700141_640

 

 

 

 

今回は2016年の七五三!女の子の年齢といつからいつまでにお参りするのかについて見てきました。

 

・昔は数え年で。今は満年齢でお祝いする人が多い

・七五三は11月15日にやるのが昔からの慣わし

・2016年の11月15日は火曜日

・みんなの日程の合う日で、10月、11月中にお参りをする

 

以上、まとめでした。

 

 

 

 
スポンサードリンク



 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

valentinesday_girl はじめまして!こけももです(^^) 現在、2児のママ。 楽しい事も、気になる事も世の中にはたくさんあります。それを、分かりやすく、時にはものすごーく詳しくみなさんにお伝えしています。そう、話のたねを日々蒔いているんです。 会話に困った・・・ あの出来事はどうなったんだろう? そんな困った時は、サイトを覗いてみて下さい。 あなただけのたねを見つけて、話しに花を咲かせてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。